\ フォローしてね /

身近なたとえ話!漢文読解『漁夫の利』のポイント

漁夫の利は、「鷸蚌の争い」とも呼ばれます。「夢中で争わされるあいだに第3者がお得な時間活用をしますよ。」という警句としてすぐれています。

ですから、一国の王に宣戦布告を踏み止まらせた、という謂われのある有名な例え話『故事成句』となって長く伝えられてきました。

随分長く人々に活用されているたとえ話なので、現代においてもぜひ気を付けたいところです!

漢文・『漁夫の利』  出典『戦国策』

伐燕。蘇代為燕謂恵王、「今日来過易水。蚌方出曝。鷸啄肉。蚌合而箝喙。鷸『今日雨、明日雨、即有死蚌。』蚌謂鷸、『今日出、明日出、即有死鷸。』両者肯相舎。漁者得而幷擒之。今趙伐燕。燕趙久相支、以敝大衆。恐強秦之為漁父也。願王之熟計之也。」
恵王、「善。」乃止。

読み方

趙(てふ) まさ燕(えん) を伐(う) たんとす
蘇代、燕の為に恵王に謂いて曰く「今日来たり、易水を過ぐ。蚌(ぼう)方(まさ)に出でて曝(さら)す。
しこうして鷸(いつ)其の肉を啄(ついば)む。
蚌合(がつ)して其の喙(くちばし)を箝(はさ)む。
曰く『今日雨ふら、明日雨ふらんば、即ち死蚌(しぼう)有らん。』
蚌も亦た鷸に謂ひて曰く『今日出ださ、明日も出ださんば、即ち死鷸(しいつ) 有らん。』。両者、相舎(す)つるを肯んぜ
漁者(ぎょしゃ)、得て之を幷(あわ)せ擒(とら)ふ。
今、趙且に燕を伐たんとす。燕趙久しく相支えて、以て大衆を敝(つか)らん。強秦の漁父と為らんことを恐るるなり。願はくは王之を熟計せよ。」
恵王曰く「善し。」
乃ち止(や) む。

現代語訳

趙がいまにも燕を攻撃しようとした。
蘇代は燕のために趙の恵王に言った。「今日、わたくしがここに来るにあたって、易水を通りました。ドブガイがちょうど出てきてひなたぼっこをしていました。
するとシギがドブガイの肉をつつきました。ドブガイは殻を閉ざしシギのクチバシをはさみました。シギは言いました。
『今日雨が降らず、明日も雨が降らなければ、たちまち死んだドブガイとなるだろうよ』と。ドブガイもまたシギに言いました。
『今日、クチバシが抜けず、明日も抜けなければ、たちまち死んだシギとなるだろうよ』と。両者とも相手を放すことを肯定しません。
そんな両者を、漁師がみつけ、どちらも一緒くたに捕まえました。
さて今、趙はいまにも燕を攻撃しようとしています。燕と趙が長く互いに争っていると民衆は疲れるでしょう。
わたくしは強大な秦という国がこのたとえ話における第3の漁師のごとくと為るを恐れとして、あなたに進言する者です。王様はこの事柄をぜひ熟慮なさってくださいますようお願い致します」と。
恵王は言った。「いいだろう」と。そしていまにも燕を攻撃しようとする策を取り止めた。

重要な句法

  • 且に~んとす…ちょうど~しようとする
  • S曰く~と…Sは言った、「~」と
  • 而(しこう)して…といいますのは、そこで;(そのまま順接で訳す)
  • 其の…《指示代名詞》その
  • 不~ず…~ない
  • 亦(ま)た…再び

漢文の形式

散文形式(韻文ではない)

読解のポイント

独特の固有名詞は注釈等で理解してさっと読みこなしましょう!
  • 蘇代…縦横家という思想家の人名。合従連衡策に関わる蘇秦の弟。縦横家としては蘇秦のあとを継いで活動している。
  • 臣…君主に対する臣下としての一人称。
  • 易水…趙という国と燕という国の国境辺りの河のこと。
  • 蚌…ドブガイ。または、ハマグリのこと。いずれにしても、二枚貝で食用貝とされる。
  • 鷸…シギ。湿地などに住み、人と同様に貝・カニなどを食する鳥の一種。しかし、人にとっても食用とされることがあったので登場している。

終わりに

漁夫は人間だから、食物連鎖の王様なので当然ですね。

このたとえ話のなかのシギやドブガイのように、人(秦)が通ったらお互いジッとしておらず、三十六計逃げるにしかず、といいたい合従連衡策の縦横家の意見、ということでしょう。

まったく、人とドブガイほどにも、秦と趙や燕の間に国力差がある、というのですから、よく当の趙国恵王を怒らせず自説を遊説しにいけたものですね?

とはいえきっと、身近で個人的な喩え話、というスタンスで、誤解を免れた、ということでしょう。

成功すれば遊説家として名を成せる、とはいえ、一回一回が、王様に受け入れられるかどうか調査の限りをつくしてどきどき、で臨むというのが実のところ、だったようです。

秦の強さに諸国は抗せず、時代の流れに呑まれていく過程での出来事、なのです。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。