\ フォローしてね /

大人の旅情が味わえる!京都・大原のおススメスポット

冬の大原を歩いてみたくて、友人と一緒に行ってきました。筆者も友人もテンションが上がる素敵なスポットがたくさんあったので、ご紹介させていただきます!

京都府旅行の詳細

2013年2月に、友人と3泊4日の日程で四条河原町、出町柳、円町周辺や大原など京都市内を旅行してきました。筆者が京都に在住していた頃の思い出の場所を、市バスや徒歩で移動しながら案内するという内容でした。

大原のおススメスポット~三千院門跡とその参道~

1:大原の古刹『三千院

別名梶井門跡とも呼ばれる、天台宗五箇室門跡の一つ。平安時代に創建されてから一度も焼けずに当時の姿を残す往生極楽院や、その中に鎮座する国宝の阿弥陀三尊像、記事トップの写真のわらべ地蔵など、見所がいっぱいです。

筆者が出かけた日は、ちょうど幸せを呼ぶ初午大根焚きというお寺の行事が行われていて、大根の無料接待を受けました。地元大原で採れた大根はまるまるとよく太っていて、1切れでも十分食べごたえのあるボリュームでした。

2:京漬物『志ば久(しばきゅう)

三千院門跡への参道にある漬物屋さん。名物アイスきゅうり(1本150円)は、浅漬けのきゅうりに棒をさしたテイクアウト商品で、シャキシャキと歯ごたえがあって美味しかったです。

とにかく店主がユーモアたっぷりで、「ここは一旦停止のお店!」と抜群の話術でお客さんの笑いを誘っていました。

3:ジャム専門店『富しば

こちらも三千院門跡の参道にあるお店で、柿、かぼちゃ、梅しそなど普段なかなか見ないジャムのラインナップに目が惹かれました。クラッカーにつけて、様々なジャムの試食ができます。

筆者はレモンのジャム(630円)を購入したのですが、トーストだけでなく、ヨーグルトや紅茶に入れたりしてその抜群の酸味と甘味を堪能しています。

大原旅行のここがよかった!

1:『三千院』の庭園や説法が素晴らしい!

雪が残る静かな庭園や、陽だまりの中でにっこり微笑むわらべ地蔵などを見ていると、心がとっても和みました。

また、往生極楽院ではお坊さんによる寺院の説明や説法があり、食の大切さや新春を祝える幸せを改めて感じました。

2:参道に魅力的なお店がいっぱい!

上記で紹介した漬物やジャムのお店以外にも、ドレッシング専門店や、手漉き体験ができる和紙の専門店などもあり、魅力的なお店が多すぎてなかなか寺院にたどり着けませんでした。

大原エリアを旅行する人に向けてアドバイス

アクセスしづらい印象があるかもしれませんが、京都駅からであれば17系統の京都バス1本で行けます(所要時間:1時間、運賃:580円)。

京都市内のエリアでありながら、山の中に位置するため中心街とは違って静かなので、落ち着いた大人の旅をしたい人にはピッタリだと思います。

また、今回筆者は行きませんでしたが、大原には温泉も湧き出ているので、散策で疲れた時に立ち寄ってみるのもいいと思いますよ。

おわりに

雪やあられがちらつく中での大原旅行は、そのしんしんとした静けさが旅情を盛り上げてくれた気がします。皆さんもぜひ、この落ち着いた雰囲気を味わいに大原を訪れてみて下さいね!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。