\ フォローしてね /

めちゃくちゃ美味しい!スリランカ料理の魅力

スリランカといえば、どんなイメージがありますか?紅茶?それともアーユルヴェーダ?仏教遺跡や宝石のイメージがある方も多いかもしれませんね。

実はスリランカと言えば、美食の国!

ここでは、スリランカに3日ほど立ち寄った際、スリランカ料理のあまりの美味しさに感激した筆者が、その魅力をご紹介します。

スリランカ料理ってどんなもの?

お隣がインドということもあり、一言で言ってしまえばカレーが多いのですが、そもそもカレーというのは煮込み料理の総称です。スリランカには様々な種類の煮込み料理があり、そのどれを食べてもはずれがないです。

主な具材は野菜や魚が多いですが、鶏肉や牛肉などもよく使われます。魚の乾物から出汁をとって作られた魚介のカレーや、魚粉とスパイスで味付けされた野菜炒めなど、日本人の口によく合う料理ばかりです。

スパイスを多く使っているため、中には辛いものもありますが、基本的にはマイルドな味付けが多いため、辛いものが苦手な方でもじゅうぶんに楽しめると思います。

筆者は首都のコロンボだけでなく、古都キャンディやシギリヤなど、南から北まで周りましたが、どの都市のレストランに行っても、思わず笑みがこぼれてしまうような美味しいものばかりでした。

ビュッフェレストランに行ってみよう

どのお店も美味しいので、どこかひとつを決めることは出来ないのですが、ここではレストランの選び方をご紹介します。

先にもお伝えした通り、スリランカ料理といえば様々な煮込み料理が魅力です。そのため、普通のレストランに行って1~2品だけ頼むのではもったいないです。

スリランカへ行ったら、是非ビュッフェスタイルのレストランに行ってみてください。

それも、出来れば地元の人しかいないようなところが良いです。観光客が行かないお店は、値段表記がないところも多いですが、物価が安いのであまり心配する必要はありません。お腹いっぱい食べても500円はしないでしょう。

筆者の行ったところ

筆者は現地で車をチャーターしていたため、何度かドライバーさんおすすめのお店に連れて行ってもらいました。そのうちの一軒は、道路沿いにぽつんとある、看板も値段表記もないお店でしたが、置いてある料理はすべてほっぺたが落ちそうになるほど美味しかったです。ちなみにその時のお会計は、筆者と友人とドライバーさん合わせて3人で、わずか350円ほどでした。

良さそうなレストランが見つからない場合は、ホテルのスタッフやタクシードライバーなど、現地の人におすすめを聞いてみるのも良いかと思います。

ちなみに、スリランカの人たちは右手でライスとおかずを混ぜ合わせ、そのまますくって食べます。おそらく観光客なのでスプーンを出してもらえるとは思いますが、せっかくの機会なので、手で食べてみてはいかがでしょうか?美味しさが倍増すること間違いなしですよ!

おわりに

いかがでしたか?スリランカは南国フルーツの盛り合わせや水牛のヨーグルトなど、スイーツも豊富です。是非スリランカへ行って、おいしい料理を味わってみてください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。