1. 暮らし
    2. アイロンの底すべりが悪いときの対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アイロンの底すべりが悪いときの対処法

    アイロンの底すべりが悪いときの対処方法についてご紹介します。

    底すべりが悪いことの原因

    底すべりが悪くなる原因は大きく分けてふたつあります。

    テフロン加工がはがれている

    長く使用しているうちに、底に施されているテフロン加工がはがれてきます。

    底を見ると、テフロンがはがれたり、はがれかかっている様子が分かります。
    テフロンのはがれによる底すべりの悪さは、自分では対処できません。そのまま使用できないわけではありませんが、気になるようなら買い替えの時期です。

    底が汚れている

    洗濯のりや、アイロンプリント、接着芯の貼り付けなどで使用していると、底にのりがこびりついていることがあります。

    底を見ると、黒く固まったのりが付いています。
    底が汚れていることによる底すべりの悪さは、下記の方法で解消できます。

    用意するもの

    濡らして固く絞った古タオル

    対処法

    STEP1:濡らしたタオルで拭く

    アイロンの電源は入れずに拭きます。

    STEP2:濡らしたタオルにアイロンをかける

    STEP1で汚れが落としきれない場合は、アイロンを中~高温にして、濡らしたタオルの上でアイロンを動かします。

    汚れが浮いてきて、取れやすくなります。

    底すべりが悪くならない様にする方法・コツ

    アイロンをかける前に底の汚れを確認するようにします。汚れたアイロンでかけると、洋服も汚れてしまうことがあります。

    洗濯のりを使った後ですぐ掃除する場合は、やけどに気をつけて下さい。

    おわりに

    洗濯のりなどを使用している方は、こまめに底をチェックするのがおススメです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人