\ フォローしてね /

指宿の景勝地巡り ~鹿児島旅行体験談~

温泉地として有名な指宿は、自然も豊かです。ここでは、筆者の訪れた指宿の景勝地をご紹介したいと思います。

旅行の詳細

2013年2月に友人と3泊4日で鹿児島を旅行。

霧島~鹿児島~指宿を回り、温泉と自然・桜島を満喫するのが目的です。

指宿へのアクセス

鹿児島中央駅からJRを利用。1時間20分、片道970円で指宿に到着しました。筆者は利用していませんが、観光特急列車「指宿のたまて箱」も出ています。全席指定、事前予約が必要で、片道2070円かかります。

到着後はバスで移動。JR指宿駅構内の観光案内所で、バスの一日乗車券「指宿のったりおりたりマイプラン」を1000円で購入しました。

指宿観光

1.長崎鼻

「長崎鼻」で下車します。ここは薩摩半島の最南端で、竜宮神社とその先にある白い灯台が見どころです。神社へ続く道には昔ながらの古い土産屋が並んでいます。

筆者のおすすめは、神社から灯台へ続く道です。一面に海が広がり、右手には「薩摩富士」と呼ばれるきれいな形をした開聞岳が見えます。

2.池田湖

「池田湖」で下車します。ここは九州最大の湖で、湖畔には四季折々の花が咲き乱れる景勝地です。12月中旬~2月中旬は菜の花が見ごろで、筆者が訪れた時は一面に菜の花が咲いていました。

湖の遠く向こうには開聞岳も見え、山・湖・菜の花の3つを楽しむことができます。

よかったところ

美しい景色

天気に恵まれたこともあり、どちらの観光地でも美しい景色を楽しむことができました。

小腹が空いたら

長崎鼻の土産屋では、ソフトクリームやゆで卵、焼き芋などちょっとした軽食が売られており、小腹が空いた時に助かりました。

迷いにくいバス

バスは45分~1時間間隔で出ており、路線も1本とわかりやすいので、観光に便利でした。

イマイチだったところ

イメージと違う…?

竜宮神社はとても小さく、作りも簡素で、灯台に行くための通り道といった感じだったので、思わず観光のために作ったのか?と穿った見方をしてしまいました。

池田湖の菜の花は、観光客用に整備された一画だけに咲いています。筆者は、湖畔の何十、何百メートルにもわたって咲いていると思っていたので、イメージと違い、あれっ?と思ってしまいました。

整備区域だけでも、十分に広範囲に咲いているのでご安心下さい。

指宿の観光地全般に言えることですが、土産屋・食事処・施設が古く、昭和の時代を彷彿とさせます。食事処はサービスエリアの食堂を思い出させるような出で立ちだったので、期待していた分落胆も大きかったです。

注意点

  • 乗客が少なく、バスが素通りしてしまうこともあるので、出発時刻の5分前には停留所に着いておくことをおすすめします。
  • 食事処が少なく、店の選択肢もあまりありません。観光前にどこで食事をとるか考えておいた方がいいです。

おわりに

長崎鼻では一面に広がる海と波の音を、池田湖では2月とは思えない菜の花満開の景色を満喫できました。

皆さんも機会があれば、ぜひ訪れてみて下さい。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。