\ フォローしてね /

漢文読解『守株』のポイント!

守株とは、『いたずらに古い習慣を守って、状況に応じた物事の処理ができないこと』をいう故事成語です。

古い体験が教訓になっているというよりも、一思想家が揶揄のために用いた笑い話、といった感じの成り立ちのようです。

当時は諸子百家といって、大勢の思想家が競って諸国に戦略を説いて回っている有様でした。法家はまだ儒家のような大きな派閥でなかったので、ややアウトローで辛辣な視点で君主にクギをさし、自説を売り込むのもやむを得ないような状況だったようです。

漢文・守株  出典:『韓非子』

宋人有耕田者。
田中有株、兎走觸株、折頸而死。
釋其耒而守株、冀得兎。
不可復得、而身爲宋國笑。
今欲以先王之政、治當世之民、皆守株之類也。

宋人(そうひと)に田(た)を耕(たがや)す者(もの)有(あ)り。

田中(でんちゅう)に株(くいぜ)有(あ)り、兎(うさぎ)走(はし)りて株(くいぜ)に触(ふ)れ、頸(くび)を折(お)りて死(し)す。

りて其耒(すき)を釈(す)てて株(くいぜ)を守(まも)り、兎(うさぎ)を得(え)んと冀(ねが)う。

兎(うさぎ)は復(ま)た得(う)からずして、身(み)は宋国(そうこく)の笑(わら)いと為(な)れり。

今(いま)、先王(せんのう)の政(まつりごと)を以(もっ)て、当世(とうせい)の民(たみ)を治(おさ)めんと欲(ほっ)するは、皆(みな)株(くいぜ)を守(まも)るの類(たぐい)なり。

現代語訳

宋国の人で、田を耕している人がいた。

その田んぼの中に、木の切り株があった。そこへ兎が走ってきて切り株にぶつかり、首を折って死んだ。そのため、この男は自分の耒(すき)を捨てて切り株を見守り、もう一度兎を得ようと切望した。

兎を二度と手に入れることができなかったので、その男というものは宋国中の笑いのタネと為ってしまった。

今、先王の政治のやり方で、世の中の人民を治めようとするのは、皆で切り株を見張っているのと同じようなことでもう、時代に合っていない。

重要な句法

  • 復た…再び
  • 不可…~できない

形式

  • 散文形式(韻文ではない)

読解のポイント

読み下し文の副詞や指示代名詞に気をつけて読んでみましょう。
  • 因りて…だから
  • 其の…(指示語)その[この場合は話題の宋国の男の耒(すき)を指す]

終わりに

韓非子は思想家ですが、現代の法治国家に連なる法家という思想派閥の人ですので、シニカルな例え話の裡に、法で世界を統治すべき、という性悪説に基づく現代的な揶揄がこもっている、といえますね。

ちなみに先王の政治は徳治政治といわれるようなものであったといいます。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。