\ フォローしてね /

賃貸物件契約における「重要事項説明」の基礎知識

仲介する不動産会社を通して住まいを借りる場合は、不動産会社から物件や契約条件などに関する重要事項説明を受けます。

契約を結ぶ前に、その内容を理解することが大切です。今回、重要事項説明に関する基礎知識をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

本記事は、不動産ジャパンのご協力により、2013年に執筆されたものです。

「重要事項説明」とは?

法的に定められた重要事項説明

宅地建物取引業法では、賃貸借契約を締結するまでの間に、仲介や代理を行う不動産会社は、入居予定者に対して賃借物件や契約条件に関する重要事項の説明をしなければならないと定めています。重要事項説明は、宅地建物取引主任者が、内容を記載した書面に記名押印し、その書面を交付した上で、口頭で説明を行わなければなりません。

重要事項説明の記載内容

重要事項説明書に記載されていることは大きく分けて、「対象物件に関する事項」「取引条件に関する事項」です。確認していた情報と異なる説明はないか、その他気になる事実はないかなど、きちんと確認しましょう。何か不明な点があれば、納得のいくまで確認をしてください。説明を受けた結果、契約を見送るという判断もあり得ます。

不動産会社が貸主の場合は、重要事項説明の義務はありませんので、物件や契約条件について気になることがあれば、自ら不動産会社に確認するようにしましょう。

重要事項説明の流れ

重要事項説明書には、専門的な内容も記載されているため、難しい印象を受けますが、ひとつひとつ丁寧に解説してもらえば理解することはできるでしょう。また、重要事項説明の全体像を把握した上でポイントを確認すると、より理解しやすくなります。

ここでは、重要事項説明で特に確認しておきたい事項を説明しますので、参考にしてください。

STEP1:説明を受ける前の基本的な確認

宅地建物取引主任者が書面を交付し、口頭で説明していきます。

STEP2:物件の基本的な確認

  • 登記記録に記録された内容
  • 法令に基づく制限の内容
  • 飲用水などのインフラの整備状況
  • 建物建築の工事完了時における形状や構造など
  • 建物の設備の整備状況
  • 石綿使用調査の内容
  • 耐震診断の内容

などを確認していきます。

STEP3:取引条件に関する事項

  • 賃料以外に必要な金銭
  • 契約の解除に関する内容
  • 損害賠償額の予定や違約金の内容
  • 支払金や預り金の保全措置
  • 金銭の賃借のあっせん
  • 契約期間と更新の内容
  • 用途その他利用の制限の内容
  • 敷金などの精算に関する内容
  • 管理の委託先

などを確認していきます。

STEP4:供託所などに関する説明

供託所などに関する説明を受けます。

STEP5:内容を確認後、契約

借主が説明内容について確認、理解したところで、賃貸借契約の締結となります。

おわりに

契約前の重要事項説明は非常に重要なものなので、しっかりと流れを確認して臨みましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。