\ フォローしてね /

ドーナツのパッケージ開封前・開封後の保存方法

ドーナツは、一般的に油で揚げてあるため酸化しやすいですよね。保存するなら出来る限り、美味しさを保ったまま保存したいものです。

今回は、そんなドーナツのパッケージ開封前・開封後の保存方法をご紹介いたします。

用意するもの

  • ドーナツ
  • ラップ
  • フリーザーバッグ
  • 輪ゴム

ドーナツのパッケージ開封前の保存方法

STEP1:説明書き・賞味期限を確認する

パッケージに記載されている説明書き、賞味期限を確認します。

STEP2:賞味期限まで保存する

開封前のものは、直射日光、高温多湿の場所を避けて賞味期限まで常温保存できます。なるべく涼しい場所で保存しましょう。

保存状態が悪いと、未開封のものでも味も風味も落ちますので注意しましょう。

ドーナツの開封後の保存方法

STEP1:フリーザーバッグに入れる

湿気と酸化を防ぐため、輪ゴムをしてフリーザーバッグに入れたら空気を抜くようにしてチャックを閉め、開封前の保存方法のSTEP2と同じように、涼しい場所で保存しましょう。

輪ゴムでとめる際には、袋を2回くらい折り曲げて、出来る限り空気が入らないようにします。

開封後は、1~2日は常温で保存可能です。賞味期限に関わらず早めに食べきります。

STEP2:冷蔵庫で保存

暑い夏場などは、冷蔵庫で保存すると良いでしょう。多少、食感は悪くはなってしまいますが、常温保存よりは鮮度が保てます。

STEP3:冷凍庫で保存

短期間で食べきれない場合は、冷凍保存すると良いでしょう。

ドーナツを食べきる分づつラップに包み、フリーザーバッグに入れたら空気を抜いてチャックをし、冷凍庫で冷凍保存します。

冷凍保存期間は約1ヵ月です。もう少し日持ちしますが、日が経つにつれ味も風味も落ちていきますので、早めに食べきるようにしましょう。

解凍のしかた

解凍の仕方は、常温で自然解凍します。ドーナツの大きさや室温などにもよりますが、おおよそ30分~2時間くらいで解凍出来ます。

オーブントースターなどで温めても良いでしょう。焦げないように様子を見ながら温めるようにします。

チョコレートなどでコーティングされているものは溶けてしまいますので避けましょう。

おまけ

また、冷凍のままお召し上がりになるのも好みはあると思いますが、なかなか美味です。ソフトクッキーのような食感で、冷えている事で甘さが抑えられ、夏場にはぴったりですよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ドーナツも上手に保存すれば、少しでも長く美味しさが保てますので、皆様の参考になれば幸いです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。