\ フォローしてね /

ふわふわ感を損なわない!マシュマロの保存方法

ふわふわした柔らかさと、口どけの良さが魅力のマシュマロ。

開封しても食べきれずに置いておいたら、乾燥して固くなってしまったり、べとついてしまったなんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなマシュマロの美味しさを保てる保存方法をご紹介いたします。

用意するもの

  • マシュマロ
  • 輪ゴム
  • フリーザーバッグ

固くならない!マシュマロの保存方法

STEP1:説明書き・賞味期限を確認する

商品の説明書き、賞味期限を参考に保存します。

STEP2:常温保存する

未開封のマシュマロは、直射日光・高温多湿の場所を避けて、冷暗所で賞味期限まで常温保存出来ます。

STEP3:袋の口を輪ゴムでとめる

開封後は、出来る限り空気を抜き、袋を2回くらい折り曲げたら、輪ゴムなどで袋の口をとめます。

輪ゴムでとめる際には、マシュマロを潰してしまわないよう、輪ゴムは二重にはせずに軽く止める程度で良いでしょう。輪ゴムではどうしても潰れてしまう場合は、テープやクリップなどで袋の口をとめても構いません。

STEP4:フリーザーバッグに入れて冷暗所で常温保存

袋の口を閉じたマシュマロをフリーザーバッグに入れ、しっかりチャックを閉めたら、STEP2と同じように、冷暗所に常温保存します。

夏場など、室温が高くなると冷暗所でも溶けてしまう事がありますので、数日中になるべく早めに食べきるようにしましょう。

STEP5:冷凍保存する

すぐに食べきれない時には、冷凍保存すると便利です。

マシュマロを平らに広げてフリーザーバッグに入れたら、しっかりチャックを閉め冷凍保存します。

解凍方法

解凍の仕方は、食べる時に食べる分だけ常温で自然解凍します。十分程度で解凍され、ふわふわのマシュマロに戻ります。

また解凍せずに、冷凍のままお召し上がりになる事も出来ます。冷凍されたマシュマロは完全に固まらず、もっちりとした雪見だいふくのような食感になります。

冷えているため甘さも抑えられ、さっぱりとしていて美味しいですよ。著者としては、この食べ方がいちおしです。

おわりに

マシュマロはデリケートなお菓子ですが、上手に保存出来れば、最後までふわふわなマシュマロが楽しめますよ。ぜひお試しくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。