\ フォローしてね /

猫と快適に暮らすために!部屋作りのポイント

猫と快適に暮らすには、猫の習性や行動パターンを理解して準備することが必要です。

ここでは、筆者が実践している猫のための部屋作りのポイントを紹介します。

猫の種類

アメリカンショートヘアーで、中型サイズ、短毛種。5歳と3歳の雄猫を飼っています。

性格と行動パターン

穏やかで人懐っこく好奇心が旺盛な猫です。昼間は数時間ほど外遊び、夕方から朝は家で家族と過ごします。

猫独特の習性

1:爪研ぎ

猫の自然な行動です。古い爪を落として、鋭くし外敵から身を守ったり、ニオイを付けて縄張りを示したりする行動です。

カーペットや柱、家具でカリカリされると傷がつきます。

2:長い睡眠時間

猫の睡眠時間は16時間くらいです。子猫の場合は20時間くらいと言われます。一日のほとんどを眠って過ごします。

3:トイレ

食後にトイレに行きます。食後以外でも一日数回トイレをします。

4:高い所が好き

家具の上や塀などの、高い所に上がるのが好きです。

5:毛づくろい

猫はとても綺麗好きで、毛をなめて綺麗にしています。

部屋作りのポイント

1:安心して眠る場所の確保

一日の大半を眠って過ごすので猫が安心して眠れる場所を確保しましょう。

  • 静かな場所:人通りの少ない所を選びます。ドアの近くも避けます。
  • 温かい場所:太陽の陽が当たる所が好きです。窓際を好みますが、猫が落ちないように締めておきましょう。
  • 湿気の少ない場所:猫は水に濡れることを嫌います。
  • 安定している場所:床の上などで寝返りを打った際に、バランスをくずさないようなベッドがいいです。

眠っている時は起こさないように!ストレスになるそうです。

2:爪研ぎ用のグッズを置く

各部屋に爪研ぎ用のグッズを置きます。猫は爪研ぎが出来ないとストレスになるそうです。

家具は段ボールなどで保護し、誤って家具で爪研ぎしてもひどく叩いたりしないようにします。

3:トイレを置く

筆者宅では洗面所に置くスペースがあるので、そこに置いています。猫は綺麗好きですから、排泄後すぐに糞や尿を片付けます。

4:食事

朝と夜の2回でキッチンのフロアに食事用の容器と水を置きます。食べこぼしても綺麗にし易いからです。朝はソフトフードを食べたら、容器は片付けます。夜はドライフードにしています。

いつも同じ場所に置くので覚えています。

人間の食べ物を食べないように、床に落としてしまった時はすぐ片付けます。

5:猫に危険な物を置かない

植物類

猫は好奇心が強く何でも触ったりかじってしまいます。植物や花の種類によっては、猫に良くないものがあるので部屋に置かないようにします。誤ってかじると中毒を起こし死に至ることも有るそうです。

飾る前に必ず安全性を確認しましょう。一般にユリや桔梗は毒と知られていますが他にもたくさんあるようです。

糸・毛糸やひも

猫は糸や毛糸で遊ぶのが好きですが、からまってしまったり誤って食べてしまったりすると危険ですから、使った後は必ず片付けましょう。

短い糸が床に落ちていると、毛づくろいした時に一緒に飲み込むことが有ります。
ブラインドのひもが意外と危険です。じゃれて遊ぶとからまったりしますから、結んで遊べないようにしましょう。

花瓶や写真立て

猫は高いところが好きなので、ジャンプして棚や家具に上がります。壊れ易い物は猫の手の届く場所に置かない、または落ち難い所へ移動させましょう。

猫の部屋作りの注意点

猫の習性を良く理解して、猫と人間の両方が快適に安全に暮らせるように配慮して部屋作りをして下さい。

おわりに

いかがでしたか。ここでは筆者が愛猫達と快適に暮らせるように注意している部屋作りのポイントを紹介しました。

参考にしてみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。