1. 料理
    2. サツマイモで実践!素揚げの方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    サツマイモで実践!素揚げの方法

    素揚げとは、衣などをつけずに素材をそのまま揚げる調理法です。今回は、サツマイモを使って素揚げの方法を紹介します。

    材料

    • サツマイモ
    • サラダ油

    必要な道具

    • 油を切るためのペーパー
    • 包丁
    • まな板
    • 菜箸

    乱切りをしたサツマイモの素揚げのやり方

    STEP1:サツマイモを切る

    サツマイモを乱切りにします。

    大学芋をつくる時などはサツマイモを乱切りにして素揚げします。

    STEP2:低温で揚げる

    鍋に焼くよりも大目に油を入れて熱し、150~160℃くらいの低温でじっくりと揚げていきます。焦げ目がついてきたら、途中でひっくりかえすようにします。たっぷりの油を使って揚げる場合、ひっくりかえす必要はありません。

    乱切りの大きさにもよりますが、揚げる時間はおおよそ10分程度かかります。

    STEP3:刺して確かめる

    楊枝などを刺してみて、すっと刺されば中まで火が通っているので素揚げの完成です。

    薄切りをしたサツマイモの素揚げの方法

    STEP1:サツマイモを切る

    サツマイモを3ミリくらいの薄切りにします。

    サツマイモチップスを作る場合は薄切りにして素揚げします。

    STEP5:中温で揚げる

    薄切りは火が通りやすいので170℃くらいの中温で3~5分ほど揚げます。

    180℃以上の高温で揚げるとあっという間に焦げてしまうことがあるので注意しましょう。

    STEP6:引きあげる

    薄切りの厚みによって火の通りが若干異なることがあります。画像のようにぷっくり膨らんできたものは火が通っているので引きあげます。こんがり色づいてきたものから順次引き上げましょう。

    素揚げ完了!

    2種類のサツマイモの素揚げができました。

    上手に作るためのポイント

    • サツマイモの大きさや厚みによって温度を切り替える。
    • サツマイモは切って時間がたつと変色してくるのですぐに揚げる。
    • すぐ揚げることができない場合は水にさらし、よく水切りをしてから素揚げする。

    さいごに

    サツマイモのビタミンは熱に強いのと、油をあまり吸わないので、素揚げはおすすめの調理法です。イモ類があまり好きではない人でもサツマイモチップスにすると食べられることもあるので、試してみてはいかがでしょうか?

    簡単にできる素揚げ、是非試してみてくださいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人