\ フォローしてね /

深夜もOK!コロコロでフローリングの掃除をする方法

コロコロを使ったとてもシンプルな掃除方法をご紹介します。

必要なもの

  • 粘着ローラー(コロコロ)
  • ほうき
コロコロは安価なカーペットタイプを使用します。

方法

STEP1:ほうきでゴミを集める

ほうきでゴミを集めます。部屋全体のゴミを1個所に集めると大変なので、数か所に集めましょう。

ほこりが舞うのを避けるため、ほうきは優しく動かします。

STEP2:コロコロをソファーのうえで転がす

コロコロをソファーの上で転がします。

カーペット用は、そのままフローリングにコロコロを転がすとカーペットにベッタリとくっついてしまいます。この工程を行って粘着力を弱めます。

ソファーの毛がついて粘着力が弱まりました。

STEP3:ゴミをとる

先ほどほうきで集めたゴミの上でコロコロを転がしてゴミをとります。

きれいになりました。

コロコロのお手入れ

コロコロはほこりやごみを取ってくれるので、テープ付近はほこりで汚れています。

2回に1度はコロコロ本体を水ぶきするようにしましょう。

また、使用後はテープを1枚めくって、STEP2の工程を行ってそのままの状態でほうきと一緒にかけておきます。買った時についているケースに入れない方がすぐに使用できて便利です。

コロコロ掃除の利点

1.手間がかからない

掃除機をひっぱりだしてきて、コードをさして…という工程に比べるとほうきとコロコロは、気楽に用意ができて手間がかかりません。

著者宅ではリビングの収納家具裏にコロコロとほうきをかけているのでサッと取出すことができて便利です。

2.音がしない

掃除機のように音をたてることがないのでお子様が寝ている間や、深夜に作業ができ、時間帯を選ばずきれい空間を作れます。

3.ちりとりよりも便利

コロコロを使うとほこりや髪の毛、小さな砂など一瞬で取ってくれます。ほうきとちりとりで取れないゴミも一瞬でとれて、ゴミをゴミ箱に捨てる手間がありません。

4.省エネ&安価

カーペットタイプの交換テープは比較的安価で購入でき、電気代もかからないので省エネ掃除になります。

コロコロが活躍する時

フローリング掃除以外にもほこり髪の毛を取るのが得意なので活躍する機会は多々あります。

1.玄関

洋服についた汚れ取りは得意なので、出かける際のあわただしい時間にサッと身だしなみの1つとして、コロコロをかけるとよいでしょう。案外ほこりクズがついているものです。

また、花粉の季節には花粉取りにも使えます。帰宅したら玄関で全身に転がすことで花粉対策になります。

洋服の素材によっては、傷んでしまう場合もあるので注意が必要です。

2.ベット

枕元には髪の毛が散乱しています。男性の短い毛は案外取りずらいので、コロコロを使用するとベットメイキングの時に作業がはかどります。

3.洗面所

髪の毛がよく落ちる洗面所での使用もおすすめで、常備しておくと日々の掃除の手間が軽減されます。

4.ソファー

髪の毛や砂、ほこりと見た目以上にゴミが落ちています。コロコロ1つでさっぱりとします。

おわりに

コロコロは、ちょっと気になるゴミをサッときれいにしてくれるので、気付いたときにチョコチョコ掃除をすることもでき掃除時間の短縮になります。

また、こどもでもできるので遊びの感覚でお手伝いをしてもらうと家事の軽減につながります。ぜひ、コロコロ掃除を実践してみてください。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。