1. 料理
    2. 出汁が出て美味しい!甘えびの頭と殻を使ったみそ汁の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    出汁が出て美味しい!甘えびの頭と殻を使ったみそ汁の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    甘えびを刺身で食べた後の、頭と殻を捨てていませんか。

    ちょっとしたコツをマスターすれば、頭と殻から風味豊かなだしを取ることができます。このレシピでは、甘エビの頭と殻を使ったみそ汁の作り方を紹介します。

    材料(2人分)

    • 甘えび 20尾
    • 豆腐 適量
    • 白ネギ 適量
    • 白みそまたは合せみそ 適量

    作り方

    STEP1:下ごしらえ

    甘えびを水洗いし、軽く水気を拭き取ります。

    豆腐は食べやすい大きさに切り、ネギは半月切りまたは小口切りにします。

    STEP2:甘えびの頭をとり、殻をむく

    甘えびの頭をとり、丁寧に殻をむきます。

    STEP3:甘えびの頭と殻を空煎りする

    甘えびの頭と殻を鍋に入れ、弱めの中火で5分~7分ほど、えびが白っぽくなり、香ばしい匂いがしてくるまで空煎りします。

    焦がさないように注意してください。
    空煎りを省略すると、みそ汁に生臭さが残るだけでなく、旨味も違ってきます。

    STEP4:空煎りした頭と殻を煮る

    鍋にお椀3杯分くらいの水を注ぎ、アクを取りながら中火で煮ます。

    15分ほどしたら味見をして、えびの旨味が出ていればOKです。

    煮詰まるので、水はお椀3杯分くらい入れます。

    STEP5:汁を漉す

    キッチンペーパーまたは、目の細かいザルで漉します。

    箸やレードルですくうだけだと、みそ汁にえびのヒゲや足が入ってしまいます。

    STEP6:みそ汁を作る

    漉した汁を鍋に戻し、豆腐を入れ、味噌で味を整え、ネギをちらします。

    お椀に注ぎ、最後に海老の頭を飾れば完成です。

    さいごに

    いつも捨てていた部分を使って、もう一品美味しい料理が作れます。だしを取るのはとても簡単です。是非一度お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人