1. 暮らし
    2. ママも掃除ラクラク!子供が片付けやすいおもちゃの収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ママも掃除ラクラク!子供が片付けやすいおもちゃの収納方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    小さい頃の子供に片付けをさせるのはひと苦労ですね。しかもめんどくさがって片付けるまでに時間がかかりました。それは小学生になった今でも同じことです。

    さらにおもちゃをぬいぐるみ、ままごと、プラレール…種類ごとに分別するとなると、よけいめんどくさがってしたがりません。

    スムーズに片付けできる方法はないかと思いついたのが、シンプルだけどこの方法です。これならママもおもちゃが邪魔で掃除しづらいなんてこともありません。

    ここでは、ママも掃除がラクにできて、子供が片付けやすい収納方法を紹介します。

    おもちゃの収納方法

    コンテナケースに入れる

    コンテナケースを用意して、おもちゃを分別せずに簡単に片付けさせる方法です。これなら面倒な分別の手間なく、すぐに片付けをすませることができます。

    とにかくどんな系統のおもちゃでもケースへポンポン。わがやの子供たちもこの方法なら、自分たちで片付けられるように。ママの手間なく自分たちでできるようになりました。

    クローゼット内におさめると掃除がラク

    さらにコンテナケースをクローゼット内におさめると、掃除がラクです。クローゼットの扉を閉めてしまえば、中の様子が見えません。

    でもクローゼットの扉を開ければすぐにおもちゃを取り出せます。おもちゃの出し入れもラクですよ。さらにほこりなどもかからずに、手入れの手間も省けます。

    おわりに

    この方法を思いついたのは、子供たちがまだ小さい頃でした。筆者も無精なママなのでおもちゃの分別はすごく面倒。コンテナ収納すれば、出し入れもラクです。

    そして、掃除のたびにおもちゃを移動するのがとても苦痛でした。でもこれならクローゼット内収納なので移動することもなく大満足。子供たちも自分たちでできたと感じることができ、自分たちだけでできるようになりますよ。

    以前は2つあったおもちゃ入れのコンテナケースも今は小さいコンテナひとつで足りるようになりました。大きいコンテナケースは今は、年頃になった子供たちのバッグ入れとして活用しています。収納時にコンテナケースはいくつあっても役立ちます。

    ぜひ参考にしてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人