1. 料理
    2. ポイントは火加減!レンコンと牛蒡で「炒め煮」の方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ポイントは火加減!レンコンと牛蒡で「炒め煮」の方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    しっかりした味付けの料理法でよく登場する炒め煮。レンコンとゴボウのきんぴらを参考に炒め煮の方法とコツをご紹介したいと思います。

    炒め煮とは

    わかりやすい例では「きんぴら」です。一度炒めた食材に、液体の調味料を多めに加え、煮ながら味と火を通し、最後は強火で照りを出すように仕上げるのが特徴です。

    炒め煮のコツ

    STEP1 食材を炒める

    食用油を敷いたフライパンで食材を炒めます。全体に油がまわり、表面に少し焼き色が付く程度まで炒めます。

    この時、火は強火です

    STEP2 調味料を加える

    調味料を一気に加えます。食材に味と火を通すように全体を混ぜます。この時、調味料は食材が半分浸かる程度の量があります。

    3〜5分(食材によります)程度で水分が少なくなります。

    調味料を加えたら火を中火にします

    STEP3 仕上げる

    水分が大さじ2杯程度になったら、火を強火にします。調味料を絡ませるような感覚で、手早く全体を炒め合わせます。全体に照りができたら完成です。

    おわりに

    炒め煮のポイントは火加減です。大きめの食材を使う時はSTEP2の時間を長めにとって、中火〜弱火で食材にしっかり火を通しましょう。STEP3で強火にしたら、とにかく手早く!が美しい照りを作るコツです。ぜひ、お試しください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人