\ フォローしてね /

お世話になった目上の方への手紙の書き方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

メール全盛の時代ですが、気持ちを伝える時にはやっぱり手紙です。特に、年配の方へは手書きの手紙が喜ばれます。

「最近、メールばかりで手紙の書き方がよくわからない!」そんな方のために、目上の方への手紙の書き方をご紹介します。

書き方

目上の方への手紙はルールを守って失礼のないように書き送りたいものです。必要なポイントをチェックしてみましょう。

頭語・結語を使用しましょう

メールでは使用しないため、使う機会が減っている「頭語・結語」は美しい日本語の手紙には欠かせないエッセンスです。特に目上の方への手紙には正しく使用して手紙を整えましょう。

一般的には手紙の書き出し(頭語)は「拝啓」、手紙の終わり(結語)は「敬具」がよく使われます。

女性の場合、「敬具」の代わりに「かしこ」を使うこともできます。また、略式の手紙の場合は、「前略」「草々」もポピュラーです。

より改まった手紙の場合は、「謹啓」「敬白」なども使われます。

時候の挨拶を入れましょう

時候の挨拶の入れ方は注意が必要です。春夏秋冬の挨拶は、旧暦での季節で表現するのがルールです。

例えば2月は「冬」という感覚の方が多いと思いますが、旧暦では「春」です。2月4日前後の立春を過ぎると、時候の挨拶は春に切り替えなければいけません。月毎の具体的な時候の表現例は下記の通りです。

  • 1月 新春の候 大寒の候 厳冬の候 など
  • 2月 立春の候 早春の候 梅花の候 など
  • 3月 春暖の候 春分の候 啓蟄の候 など
  • 4月 花冷えの候 桜花の候 陽春の候 など
  • 5月 新緑の候 立夏の候 初夏の候 など
  • 6月 入梅の候 紫陽花の候 小夏の候 など
  • 7月 盛夏の候 大暑の候 酷暑の候 など
  • 8月 土用の候 残暑の候 立秋の候 など
  • 9月 新秋の候 白露の候 秋分の候 など
  • 10月 秋涼の候 紅葉の候 寒露の候 など
  • 11月 晩秋の候 初霜の候 菊花の候 など
  • 12月 師走の候 寒冷の候 歳末の候 など
文章の書き出しは、上記の事項の表現の後、「〇〇の候、皆様ご健勝のこととお慶び申し上げます。」など、季節を問わないご挨拶文でもOKです。

心を込めて、簡潔な文章を

メールとは異なり、手紙文章は長々と書き連ねるのは美しくはありません。用件をまとめ、簡潔で丁寧な文面を心がけましょう。

親しい方なら、文中の表現は多少くだけた表現でも大丈夫です。ユーモアと親しみがこもった手紙も嬉しいものです。

親しみのある表現と、話し言葉は別です。メール文章のようなくだけた話し言葉は手紙にはふさわしくありません。

お礼文の例

目上の方へのお礼の手紙の文例です。誕生日のお祝いのお食事会を開催頂いたことへのお礼です。

拝啓

早春の候、皆様ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、先日は、素敵な会を催して頂き、ありがとうございました。皆様との楽しい歓談、美味しいお食事、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。〇〇様のお心遣い、大変感激致しました。

次回の〇〇様のお誕生日には、皆でじっくり企画をして、喜んで頂けるような会を開催したいと思っています!ご期待下さいませ。

それでは、まだまだ肌寒い日が続きますので、ご自愛の上、お過ごし下さい。

かしこ

頭語、結語、時候の挨拶を入れて、簡潔に!

おわりに

手紙は書き慣れてくると、気持ちを伝えるのにとても便利なツールです。封筒や便箋などを工夫することによる演出もできますし、何より、美しい文字のお手紙は頂いて嬉しいものです。

守らなけばいけないルールも、要点を押さえると実はとても簡単!あなたも久しぶりに手紙を書いてみませんか?

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。