\ フォローしてね /

着せやすさを重視!初めての犬の服の選び方

著者は初めての小型犬飼育を経験し、犬の洋服の大切さを知りました。

今回は初めて犬の服を選ぶ飼い主さんの為に筆者の体験談を元にいくつかのポイントを紹介したいと思います。

筆者が犬の洋服を買う事にしたきっかけ

我が家の愛犬はスムースコートチワワです。ロングコートチワワとは反対に毛が短いのが特徴です。毛が短いので寒さに弱く、尚且つチワワと言う犬種は寒がりな犬種です。

夏は快適に過ごせる犬種なのですが、当然ながら冬は外や暖房の効いていない場所だとブルブルと震え、動かなくなってしまうほどです。

これでは冬の散歩やお出掛けに行けないので、防寒の為に洋服を買う事に決めたのです。

洋服を買いに行く前に

サイズを測ろう

いざ洋服を買いにと思っても、初めての犬の洋服なのでサイズがよく分かりませんでした。人間のように試着するのも難しいので、なんとか愛犬のサイズを把握しなければなりません。

そこで犬の洋服の通販サイトを参考に身体のサイズの測り方を調べてみました。基本的に

  • 胴廻りのサイズ
  • 首からしっぽまでの胴の長さ
  • 首回りのサイズ
  • ズボン等を履かせる場合は、お腹周りのサイズ

が洋服のサイズ選びに必要になります。サイズはメジャーを使って自宅で測ってから洋服を買いに行きます。

適当に購入するのは失敗の元

サイズを測らずに適当に購入するのは失敗の元です。確かに洋服のタグに犬種の標準サイズは書いてあるのですが、同じ犬種でも犬によってサイズが異なる場合があるので注意が必要です。

ちなみに我が家のチワワは標準より大きめで胴が長いので、チワワサイズではなくミニチュアダックスのサイズがぴったりなのです。

犬の洋服の購入場所

サイズ選びに通販サイトを利用させて貰いましたが、初めて洋服を買う場合には、通販よりも目で見て確かめられる店舗を利用した方が良いです。

通販は慣れてきてからの利用が良いですね。通販は店舗よりたくさんの種類の洋服がありますし、値段も安いので後々利用してみると良いと思います。

店舗の場合、オススメはペットショップです。分からない事は店員さんが相談に乗ってくれるので初めての場合心強いです。

犬の服選びのポイント

ポイント1:着やすさならぬ着せやすさを重視する

いざ犬の服選びをする時、なんといってもその可愛らしさにテンションが上がってしまい、可愛いデザインや肌触りの良い素材に目が行きますよね。

犬にとっても気持ち良さそうなモコモコした素材なんかもつい着せたくなります。

しかしいざ服を購入して、初めて服を着させる際に焦ってしまう飼い主さんも多いはず。人間の子供に服を着させるのとは訳が違います。なぜなら犬は四本足で、立ち上がった状態で着せる事が出来ないからです。

最初は洋服を嫌がり暴れてしまう犬もいます。なのでまずは犬が嫌がらない着せやすい服から選ぶのが正解です。

厚みのある服、チャックやボタンが多い服、袖のある服は慣れてから購入を検討しましょう。

ポイント2: 伸びる素材を選ぶ

ポイント1で書いたように、着せやすい服選びが大切ですが、ではどんな素材が着せやすいのか。ずばり、伸びる素材です。

犬の足を袖に一本一本通すのは慣れるまで至難の技。そんな時、伸びない素材だととにかく足を入れ辛いのです。服に入れようと無理やり犬の足を引っ張る、なんてことをしないためにも、伸びる素材を選びましょう。

なるべくTシャツのような伸びる素材を選ぶと足を通しやすいです。

ポイント3: タンクトップや、ポンチョ、ケープ型の服を選ぶ

袖やボタン等も少なく、よく伸びる素材の服が着せやすいので、一般的にはタンクトップタイプは季節問わず着せるのが楽でオススメです。

しかし冬場にも暖かくタンクトップより楽な服が実は存在します。それはポンチョやケープ型の服です。なぜならこれらは首もとにボタンを留めたり、お腹廻りをマジックテープで留めるだけと、とっても簡単です。

着せると言うより被せるような感じですが、初めて購入して一番着せやすく、重宝した服でした。寒い時にさっと着せる事が出来るのも便利です。

飼い犬の反応

筆者の愛犬も最初は洋服を着るのを嫌がったり遊んだりしてしまいましたが、この選び方で洋服に慣れる事が出来ました。

洋服を着せるようになった事で冬場の散歩やお出掛けもスムーズになり、犬も喜んで外に出るようになりました。

今では洋服を見せると尻尾を振って、じっと待てをしながらお着替えが出来るようになり、洋服もいろんな種類の服を着せる事が出来るように。

おわりに

初めての犬の服の選び方、参考になったでしょうか。

最初は着せやすさを重視する事になりますが、筆者のように段々と飼い主も犬も着替えに慣れてきます。

慣れたら少しずつ袖なしから袖ありへ変更したり、上着を着せたりとオシャレを楽しむ事ももちろん可能です。まずは慣れるまで犬の安全と飼い主さんのやりやすさでお洋服デビューしてみてはいかがでしょうか。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。