\ フォローしてね /

収納スペースを作るところから!洗面所でのタオルの収納方法

著者の家は、トイレ、風呂、洗面台が一緒の3点ユニットです。洗面台の下にわずかなスペースがある以外、作り付けの収納や棚もありません。しかも賃貸なので自分で取り付けることもできません。

そこで著者が考え実践中のタオルの収納方法をご紹介します。

限られたスペースを最大限に生かす収納方法

1.スペースの確保

まずは少ない収納スペースを補うために、置くだけでトイレの上に物が設置できる収納棚を購入しました。カゴやトレイを使ってアイテム毎に収納しています。

2.発想の転換

洗面台から少し遠い位置にあったタオルかけ。著者の子供たちには手が届かず、非常に使いにくいものでした。

そこでタオル用のフックを子供たちの手の届くところに新しく取り付け、元々あったタオルかけを利用した収納スペースを考えました。

同じサイズの2つのカゴに、園芸用のプランターを吊るすためのチェーンを結束バンドを使ってバランスよく取り付け、タオルかけに引っ掛けて使います。

よく見ると、結束バンドや使っていないチェーンが見えますが、あまりじっくりと見られるような場所ではないので気になりません。

3.たたみ方と収納する位置を考える

大きくてたたむとかさ高になるバスタオルは、丸めて深めのカゴの中に縦に入れ、棚の一番上に置いています。

湯上がり用のバスマット(我が家ではバスタオルを縫い合わせたもの)は、枚数が少ないので、ざっとたたんでカゴに入れ一番下の棚に置いています。

保有数の多いフェイスタオルとハンドタオルは、カゴのサイズに合わせてたたみ、立てて並べて収納しています。

洗面所でのタオルの収納に関する注意点

著者のような3点ユニットタイプであったり、風呂場と洗面所が近くにあって湿気がこもりやすい場合は、タオルのカラッとした状態を保つためにも、入浴の後、十分に換気をしてください。

また、畳んだタオルを重ねて収納している場合は、洗濯後のタオルをいつも一番下に置くようにしてください。上に重ねてしまうと、湿気による水分を含んだまま、長期間使われないタオルがでてしまう可能性があります。

おわりに

持ち家であれば好きな所に棚が取り付けられますが、著者のように賃貸の方も、あきらめずに、自由な発想で収納スペースを作ってみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。