1. 料理
    2. お菓子作り用のおからの下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    お菓子作り用のおからの下ごしらえの方法

    生のおからをクッキーやケーキの材料に使う場合、水分を飛ばした方が扱いやすく美味しくなります。そこで今回は、お菓子作りにおからを使うときの下ごしらえの方法を紹介します。

    用意するもの

    • フライパン
    • 木べら

    おからの下ごしらえの方法

    STEP1: おからを入れる

    フライパンに生のおからを入れます。

    STEP2 : 弱火〜中火で水分を飛ばす

    弱火から中火の状態で、木べらで混ぜながら炒って水分を飛ばします。固まっているおからを木べらでほぐすようにします。

    15分位経つとパラパラの状態になります。

    水分が飛ぶと、重量が最初の半分くらいになります。

    STEP3 : 冷ます

    十分水分が飛んだら、冷まして、お菓子作りに使用します。

    すぐに使わない場合は、おからが覚めた後にフリーザーパックに入れて、冷凍したら1ヶ月位保存できます。

    おわりに

    おからはヘルシーな食材なので、積極的におやつ作りにも使用したいですね。一手間かかりますが、保存もきくし美味しくなるので、きちんと下ごしらえしましょう。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人