1. 暮らし
    2. 大人2人幼児2人の家庭でも週に3000円の食費で乗り切る方法と夕食の献立アイディア

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    大人2人幼児2人の家庭でも週に3000円の食費で乗り切る方法と夕食の献立アイディア

    生活費を預かる人の永遠の課題である「節約」。どこを切り詰めれば良いのか家計簿とにらめっこをしている人も多いのではないでしょうか。その家計の大部分を占めるのが米や調味料などに代表される食費ですよね。ここを避けては節約への道は達成されません。今回は何をいくら買えば良いのか、節約した食材でできる夕食の献立の考える、食費を一週間で3000円に抑えるということをコンセプトに紹介します。一人暮らしの人も必見です。

    家計を預かることの多い主婦、主夫の皆さんの永遠の悩みなのが「節約」ですよね。何を切り詰めるのかを延々と考えた結果、結局「お父さんのお小遣いを削ろう!」ということに至る家庭は多いのではないでしょうか。

    どこの家庭でも家計の大部分を占める食費の節約を考えたときに、「月にいくらで乗り切る」よりも「週にいくらで乗り切る」という目標を立てた方が、期間が短い分やる気も持続します。

    例えば、月に一度肉をまとめ買いする方法でいつも失敗してしまう人は、それを週単位に切り替えて買い出しに行き、献立を立てることをお勧めします。

    ここでは、食費を週3000円で乗り切る具体的な買い物の内容と、夕食の献立アイディアについてご紹介します。

    メイン食材(約1000円分)

    メイン食材とは肉や魚のことです。これらを合計1000円ほどで買いましょう。これらは、スーパーに行ったときに安いものを買うようにしましょう。

    肉で言えば100g100円以内が望ましいです。

    100g100円前後で買える肉

    • 鶏胸肉
    • 鶏ささみ肉、鶏ひき肉
    • 豚ひき肉
    • 鶏もも肉、豚こま切れ肉
    • 豚ばら肉、豚もも肉

    ここら辺までが、100g100円前後で買える安い肉となります。特に鶏胸肉は特売だと筆者のいくスーパーでは100g38円とかなり安くなります。豚モツなども安いですが、子供も食べられるものと言えば上記が一般的だと思います。

    魚の場合は、鮭やサンマ、鱈やブリの切り身など、そのとき安くて調理しやすいものを買います。

    今日買って食べるものであれば、値引きシールの貼ってあるものを買うことで更に安く買うことが出来ます。

    安い肉を手に入れることが出来たら、他の物を買う余裕が出てくるので特売に合わせて買いに行くことをお勧めします。

    野菜・きのこ類(約800円分)

    野菜ときのこを買います。野菜は基本的に、その日に安くなっているものや、価格が安定していて一個100円以内で買えるものを選びます。

    野菜

    筆者がよく買うのは以下の野菜です。この中から500円ほど、安いときにはトマトを買うこともあります。

    • もやし 1キロ
    • 玉ねぎ
    • 人参
    • ジャガイモ
    • 長ネギ
    • 大根
    • キャベツ
    • 白菜(1/4~1/2)主に冬場
    • ほうれん草(安いときにまとめ買い)
    • にら

    キノコ

    キノコは安いもの2種類を以下の中から選んで買います。えのきだけは一番安くて量も多いです。

    • えのきだけ
    • エリンギ
    • しいたけ
    • しめじ

    残り約1200円で買うもの

    残りの約1200円で、調味料が切れていたらその補充に当てたり、パン、牛乳を一個ずつ、乾麺やちくわなどの練り物、豆腐一丁、油揚げ、納豆などを買います。

    肉や野菜の金額によってこの残金は変わることもあるので、余裕のあるときはたくさん買えますが、余裕がないときは最低限必要な物だけ買います。

    食材の冷凍

    帰ってきたら、一度品物を冷蔵庫や所定の場所にしまいます。その日の夕食の準備に取り掛かるときに、買ってきたものを冷凍する準備をします。

    料理によって使うグラムごとに量って小分けして冷凍します。

    今日つかわないものは冷凍します。

    野菜

    もやし1キロは、今日と明日使う分はそのまま袋に入れて冷蔵庫で保存しますが、明後日以降使うものについては小分けにして1回分ずつビニール袋に入れて冷凍庫に入れます。主にスープや水分の多い料理に使います。

    ほうれん草があれば茹でて刻んで冷凍します。玉ねぎも保存袋1パック分みじん切りにしてレンジで加熱後に冷まして冷凍します。

    きのこ

    きのこは生のまま石づきをとり、食べるときの大きさにして冷凍します。解凍は、そのまま調理中のフライパンなどに使う分だけ投入するだけです。

    練り物

    カニかまやちくわ、油揚げは冷凍可能です。冷凍して少しずつ使います。

    用意する食材

    次の価格は筆者が住んでいる地域のスーパーの金額を元にしています。それを元に買った商品で献立を立てます。

    • 鶏胸肉1枚(約100円)
    • ひき肉300g(約250円)
    • 豚コマ肉200g(約160円)ほど
    • サンマ2匹(約100円)

    野菜

    • もやし(約100円)
    • タマネギ(3個88円)
    • 人参(3本88円)
    • ジャガイモ(3個88円)
    • キャベツ(1玉128円)
    • 長ネギ(3本98円)
    • トマト(1個98円)

    きのこ

    • えのきだけ(200g78円)
    • しいたけ(100g98円)

    その他

    • パン(100円)
    • 牛乳(150円)
    • 醤油(約200円)
    • 油揚げ(5枚88円)
    • 豆腐(1丁50円)
    • 納豆(3パック58円)
    • カニかま(78円)
    • ちくわ(78円)
    • カレールー(約150円)
    • 卵(約150円)
    • あまりパスタ
    • うどん
    • そばなどの乾麺(それぞれ300g前後で約100円)

    一週間の夕食の献立例(大人2人、幼児2人)

    月曜日

    • 麻婆豆腐
    • もやしと人参のナムル
    • カニかまと玉ねぎのスープ

    火曜日

    • 焼サンマ
    • 納豆
    • 豆腐の和風キノコあんかけ
    • ちくわと卵と長ネギのすまし汁

    水曜日

    • カレー
    • 玉ねぎとトマトのサラダ
    • キャベツともやしのスープ

    木曜日

    • 鶏胸肉の味噌焼き
    • もやしの卵あんかけ
    • タマネギと油揚げの味噌汁

    金曜日

    • ハンバーグ
    • 人参のグラッセ
    • フライドポテト
    • キャベツの千切り
    • もやしとキノコのスープ

    土曜日

    • 天津飯
    • 豚コマ肉とキャベツ
    • ニンジンの野菜炒め
    • そばのすまし汁

    日曜日

    • 和風キノコパスタ
    • 残り野菜の油揚げ詰め煮びたし
    • もやしと卵のスープ

    ワンパターンにならないようにするコツ

    食材の組み合わせを考える

    ワンパターンにならないようにするには、食材の組み合わせを毎回変えるように意識することが挙げられます。

    味付けも細分化して考える

    また、味付けも、和風であってもいつも醤油味ではなく、たまには味噌味や塩味にするなど、バリエーションを多くするとワンパターンにはなりません。

    金額を決めてみることが大事!

    あくまでもこれは筆者の日常的な買い物方法ですが、金額を決めて買ってみると、普段無駄な買い物をしていたことを意識できます。また食材の使い回しで1週間の献立を埋めることが出来ると思います。

    先週は無駄な買い物が多かったな、と反省することがあれば、今週は3000円以内でやってみよう、と思ったときの参考にしてもらえたらと思います。

    食品の価格は地域や季節によって変動があります。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人