\ フォローしてね /

目的別に選び分けよう!トレッキング・登山用雨具の選び方

どんなに天気の良い日の登山でも、急変して大雨に遭うことはよくあります。今回はトレッキング・登山用雨具の選び方について、著者の経験を踏まえてお話させていただきます。

トレッキング・登山用雨具とは

トレッキングや登山を快適にするために、特殊な素材を使用し、細部にもこだわりを持って作られたレインウェアスパッツザックカバーなどのことです。

雨水の侵入を防ぎ、汗などの水蒸気を放出する素材を使っているため、ムレにくくあまりベタつきません。

トレッキング・登山用雨具の種類と特徴

レインウェア

トレッキング・登山用のレインウェアは、フードのひさしに芯が入っているので、視界が良好で、顔周りのサイズ調節もできるようになっています。

ザックを背負っても邪魔にならない位置にポケットがあります。防水性の高いジッパーや、そのジッパー部分を隠すフラップがついているのも特徴です。セパレート型ポンチョ型コート型があります。

登山用スパッツ

雨水の靴内部への侵入を防ぎ、泥よけとしても役立ちます。膝下までのロングサイズと、その半分ぐらいのショートサイズがあります。

ザックカバー

雨天時にザックへの雨水の侵入を防ぐために、ザックにつけるカバーのことです。最近は、ザックの下の部分に備え付けられている商品もよくあります。

トレッキング・登山用雨具を選ぶポイント

使用頻度が高い人はゴアテックス商品を!

縦走など宿泊を伴う登山など、天候が読みにくいハードな行程を組まれる場合は、防水透湿機能の高いゴアテックス商品がおススメです。レインウェアの上下でお値段は大体3万円以上しますが、機能性は抜群です!

日帰り中心でコスト重視の人はベルグテック製品を!

日帰り中心で、雨が降ったら基本無理はしないという方は、ミズノの開発したベルグテック製品がおススメです。こちらも十分な防水透湿機能がありますし、レインウェア上下を1万円台で購入できリーズナブルです。

著者のおすすめトレッキング・登山用雨具

おすすめのレインウェアはセパレート型

著者は、ミズノのベルデック製品のセパレート型レインウェアを愛用しています。濡れやすい足元をしっかりカバーしてくれるのが、ポンチョ型やコート型にない強みだと思います。

また、裾にファスナーがついているので、登山靴を履いたままでも簡単に着脱できます!見た目もピンク色で可愛いし、撥水性が抜群でムレないので、雨天時の気の滅入りを和らげてくれます。

実際にその雨具を利用した場面とその体験談

2012年、群馬県の赤城山に登った時のことです。それほど高い山ではないので気軽な気持ちで登っていたのですが、無事に登頂してからの帰り道、雷鳴の轟くすさまじい豪雨に見舞われました。

さっそく上記のレインウェアを着用し、水浸しの登山道を下っていきました。やっと何とか下山して湖のふもとの赤城神社で雨宿りし、レインウェアを脱いでみると、中の服はサラサラ!着替えを持ってきていなかったので、本当に助かりました。

おわりに

番外編として、折りたたみ傘もおススメです!登山中は役に立たない感じがするかもしれませんが、雨天時にお弁当を食べるときに便利ですよ。

これらの情報を参考に、皆さんも自分に合ったトレッキング・登山用雨具を探してみて下さいね!

(photo by 足成)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。