\ フォローしてね /

通帳が盗まれた!そんなときに落ち着いて対処する方法

通帳を盗まれた…。考えただけでも恐ろしいことですが、紛失等の機会も含めると、そう少なくない方が似た経験をする可能性があります。筆者もそのような経験がありました。

下記に従い、落ち着いて適切に手続きを進めましょう。

心構え

まずは落ち着きましょう。

現実的には「通帳盗難=即悪用」となるケースは多くありません。金融機関による本人確認や暗証番号など、口座に対しては2重3重のセキュリティが備わっています。つまり扉(口座)を守る複数の鍵(本人確認や暗証番号)のうちのひとつ(通帳)が盗まれている状態に過ぎないのです。

盗難に気付いた直後は気が動転してしまいがちです。落ち着いて手続きをしましょう。

筆者も、通帳が盗まれたかもしれないと思った時は気が動転した経験があります。まずは相談しようと警察署に電話をしたつもりが、無意識に110番通報しており、「事件ですか?事故ですか?」と聞かれ、何も答えられず固まってしまいました。

通帳が盗難されたと思ったら

STEP1:金融機関のコールセンターへ連絡(通帳の利用停止)

真っ先にやるべきことです。通帳の利用を停止することで、万が一悪用された場合の被害を防ぐことができます。連絡先が分からない場合はインターネットで「○○銀行(金融機関名) コールセンター」で検索するか、最寄の金融機関で尋ねれば連絡先を知ることができます。

STEP2:警察へ紛失の届け出

盗難(または紛失)後になんらかの事情で拾得物として警察署に届けられていれば、手元に返ってきます。最寄りの警察署へ行くか、警察署だとあれこれ聞かれ長引きそうで困るという人は、取り急ぎ都道府県警察における遺失物の公表ページで検索してみてはどうでしょうか。

この段階で通帳が戻ってきても安心してはいけません。すでに悪用されている可能性もあるので、当該通帳については利用を停止し再発行手続き(下記STEP3)へ進むことをおすすめします。

STEP3:金融機関窓口で通帳の再発行手続き

通帳がないままだと日常生活が大変不便です。下記の物を持って、銀行窓口で再発行の手続きをしましょう。

  • 銀行届出印
  • 身分証明書
  • キャッシュカード
口座番号等は変わりませんので、毎月の引き落とし(ガスやクレジットカード等)や給料の振込には影響ありません。通帳を再発行するだけですので、口座情報はそのままです。

念のために暗証番号は変えておきましょう。

おわりに

上記に書いたとおり手続きとしては非常に簡単ですが、盗難にあったという心理的な不安感を伴いつつの作業となり精神的負担感がとても大きいのが実際です。

これは案外無視できない問題で、その大きな負担感から目をそらし手続きの開始が遅れたり、手続きを中断することにより長期間、不安感を伴っての生活に陥らないようSTEP1~3はスピード感をもって同日内に完了させましょう。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。