\ フォローしてね /

長毛種も短毛種も可愛い!おススメする猫の種類と探す方法

どんな猫ちゃんでも一緒に暮らしていけば、飼い主さんにとっての宝物のような存在になりますよね。

猫ちゃんと一緒に暮らし始めようとしている人は、大抵はペットショップに行ったり、ブリーダーさんのところに行ったりして検討すると思います。

著者も愛猫ちゃんとの出会いに至るまでに、旦那さまと何軒もペットショップを見てまわりました。

これまでに2匹の愛猫ちゃんに出会いました。そして親族や友人の家で暮らしている猫ちゃんたちとも接している中で、どんな猫ちゃんがどんな性格をしているのかということも学んできました。

ここでは、著者が一緒に暮らしてきた愛猫ちゃんたちを、オススメな飼いやすい猫ちゃんの種類としてご紹介します。

オススメする猫ちゃん

チンチラ

ペルシャ系の長毛種であり、とてもおとなしい性格の猫ちゃんです。

動作もおっとりしていて、ご飯も1日かけてまったりと食べていました。とても優雅ないでだちで、子供にちょっかいを出されても怒らずに、静かで優しい気性の女の子でした。

長毛種は、毛が長くて大変という面があります。筆者は愛猫ちゃんを短くトリミングしていた時期がありました。

ロシアンブルー

短毛種で、あまり大きな声で鳴かない性格の猫ちゃんです。飼い主さんに順応な性格であり、とても繊細な一面を持っているけれど活発に遊ぶ姿も見られます。

飼いやすい猫ちゃんの探し方

年代別の猫ちゃんの探し方

どの種類にしても、一緒に暮らすとかけがえのない存在になると思います。しかし、年代ごとに見合う種類の猫ちゃんがいるのは確かです。数十年お世話になっている動物病院の先生が、

  • 大人だけなどの暮らしをしている時は、長毛種などの大人しい種類の猫ちゃん
  • 子供が産まれ賑やかな暮らしをしている時は、短毛種のやんちゃな猫ちゃん
  • 子供が巣立って夫婦2人、静かな暮らしになった時に、またおっとりとした長毛種の猫ちゃん

このような感じで一緒に暮らすといいかもよ。と話されていました。

環境面からの猫ちゃんの探し方

環境面に関して気を配るとしたら、マンションなどでは他の住居者への配慮も考えると、大人しい性格の猫ちゃんが好ましいかと感じます。

飼いやすい猫を選ぶときの注意点

どんな猫ちゃんかは、一緒に暮らし始めてみないと分からない部分はありますが、それぞれの猫ちゃんは、それまでに育ててきたブリーダーさんや、ペットショップの店員さんがよく見ています。

どんな行動をとるのか、どのくらいご飯を食べるのか、親猫や兄弟猫についてなど、その猫ちゃんを知るための情報をよく聞くことがポイントになると思います。

おわりに

第一印象で決めたとしても、色んな猫ちゃんを見てきた上で決めたとしても、一緒に暮らせば家族です。きっと大切に大切に愛情を育んでいくことになるでしょう。

運命的な出会いであっても、きっとそれは必然的な出会いなのです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。