1. 趣味
    2. 優しくやろう!猫の肛門腺絞りのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    優しくやろう!猫の肛門腺絞りのやり方

    肛門腺とは何か知っていますか?聞いたことのないという人もいるかと思います。

    肛門腺とは、肛門を中心とした両脇斜め下あたりに、ニオイの元を溜めておく袋があるのですが、そこに溜まる分泌物のことをいいます。

    ここでは、猫ちゃんの肛門腺の絞り方をご説明します。

    筆者の愛猫について

    種類と年齢

    ロシアンブルーの女の子です。2歳です。

    性格

    家の長である著者の旦那には、とても忠誠心を示します。しかし自分と対等と感じている子供たちには平気で猫パンチをくらわします。

    下の世話などをしてる筆者に対しては、2人きりになった時点で足に噛みついてくるなど人を見る、とても賢い子であります。

    肛門腺の絞り方

    肛門腺を絞る時に必要なもの

    • ティッシュやガーゼ
    • 清潔な指先
    • なるべくなら、補助する役割の人
    肛門腺を絞る時は、爪もきちんと切ってください。
    猫ちゃんが動かないようにするため、そして安心させるために、補助的な役割の人がいたほうがやりやすいです。

    絞り方の手順

    STEP1:猫がリラックスした状態でティッシュやガーゼを肛門にあてる

    まずは猫が落ち着ける状況を作ってあげましょう。

    猫がリラックスしていたらティッシュやガーゼをやさしくあててください。そして肛門腺を指で押さえます。写真の赤丸の部分が肛門腺です。

    ガーゼは少し湿らせます。

    STEP2:指で押し上げる

    押さえた部分を下から上に押し上げるように優しく揉みます。ティッシュペーパーやガーゼで、分泌物を優しく拭きとります。

    2~3回繰り返し絞って、全て出してあげてください。

    肛門腺を絞る時の注意点

    猫ちゃんは基本的に、お尻周りを触られるのを嫌がります

    もし絞ろうとして嫌がって噛みついたり引っ掻いたりする場合は動物病院で絞ってもらいましょう。

    おわりに

    まれに肛門腺によるトラブルによって、動物病院に運び込まれる猫ちゃんもいます。

    猫ちゃんがお尻を頻繁に舐めたり、痒がってる素振りをみせる仕草で気になった場合は、獣医さんに相談してみましょう。

    Twitterで紹介!

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人