\ フォローしてね /

正しいご祝儀袋マナー〜お札の入れ方&包み方~

ご祝儀のマナーの基本をしっかり押さえてワンランク上のお呼ばれマナーをマスターしましょう!

ここでは、ご祝儀袋のお札の入れ方と包み方をご紹介します。

用意するもの

  • ご祝儀袋
  • 新札
  • 毛筆、筆ペン、サインペンなど
  • 袱紗
ご祝儀のお札は、新しい門出をお祝いするという意味を込めて新札を用意しましょう。

中袋の包み方

ご祝儀袋を開き、中袋を取り出します。

お札の表側(人物がある方)が中袋の表側になるように、また人物が上になるように入れます。

中袋の表側中央にご祝儀額を、裏面左下に自分の氏名、住所、郵便番号も忘れずに記載しましょう。

外袋の包み方

開いたご祝儀袋でたたみます。ある程度折り目は残っているはずなので、そこに合わせて順序よくマナーを守り、折りたたみます。

STEP1

開いたご祝儀袋の真ん中あたりに、中袋の裏側が上を向くようにのせます。

STEP2

左側を真ん中に折り、次に右側を真ん中に折ります。

STEP3

上側を真ん中に折り、次に下側を真ん中に折ります。下の折り返しが上になるようにします。

結婚式など慶事では上、下の順で折りますが、これが弔事だと下、上の順になります。このとき上と下を間違えると大変なマナー違反になるので注意しましょう!

袱紗の用意

当日は、ご祝儀が汚れないように袱紗に包んで持参します。袱紗を持っていない場合は、小さめのふろしきやハンカチでも大丈夫です。

ご祝儀を渡す際は、受付の方にお祝いの言葉を伝え、袱紗を開いてご祝儀を両手で渡します。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ご祝儀のマナーをしっかり身につけて、当日は新郎新婦ふたりの門出をお祝いしましょう!

使い方は各地域の習慣や宗教によって異なりますので、確認してから実践してください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。