\ フォローしてね /

いんげんの美味しい下ごしらえの方法

「いんげん」は、ニンジンと一緒に胡麻と和えて弁当のおかずにしたり、天ぷらにしたりもできる夏野菜です。シャキっとした歯ごたえを活かすには、料理をする前に、きちんと下ごしらえをしておく必要があります。こちらでは、美味しいいんげんの下ごしらえの方法を紹介しています。綺麗な緑色が鮮やかな状態で冷凍すれば、お弁当のおかずに簡単に入れられる自家製冷凍食品にも。長期間保存できるので、忙しい人は必見です!

いんげんは購入してすぐに新鮮なうちに下処理して美味しく頂きましょう。

いんげんの下処理のポイント

ポイント1:洗う

きれいに洗ってザルにあげておきます。

ポイント2:ヘタを切る

片方に長さを揃えて両端のヘタをカットします。

ポイント3:長さを揃える

使用頻度の多い長さ3cmに切る。

和え物・炒め物に重宝する長さは2~3cmです。

ポイント4:茹でる

いんげんがかぶる位の水と塩を入れて沸騰させます。

ポイント5:いんげんを入れる

塩小さじ1を入れ沸騰したら中火にしいんげんを入れ1分半茹でます。

1本食べて確認、少し固いくらいが余熱で丁度良い固さになります。いんげんの量で加熱時間は調整してくださいね。

ポイント6:完成

ザルに取り上げて冷まして完成です。

応用レシピ:いんげんの味噌和え

STEP1:調味料を混ぜる

耐熱器に味噌小さじ1・みりん小さじ1・砂糖小さじ1を混ぜてレンジで15秒加熱してアルコール分を飛ばしてください。

STEP2:和える

いんげん・すりごまを加え和えます。

完成!

小鉢に盛って完成です。

おわりに

いんげんは新鮮なうちに下ごしらえして頂くのが一番美味しいです。沢山購入した時は一度に処理して冷凍保存しておくと便利です。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。