\ フォローしてね /

しじみ&はまぐりにも使える!あさりの砂抜き方法

お味噌汁や酒蒸し、ボンゴレパスタなど、様々な料理で使用するあさりの砂抜きのやり方をご紹介します。やり方は塩水につけて数時間放置するだけ。しっかり砂を吐かせれば、食べたときにじゃりっとして、せっかくのお料理が台無しになるのを防げます。スーパーで買ってきた砂抜き済と書かれたものも、多少砂が残っている場合があるので、気になる方はやりましょう。砂抜きは3時間程度かかるので、あらかじめその時間も考慮して、料理の準備を進めてください。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi

あさりやはまぐり、しじみなど砂や泥の中にもぐって生息している貝は内部に砂を持っています。

砂を吐かせないまま調理すると、食べたときに砂を噛むことになるため、砂抜きという下ごしらえが必要です。

砂を吐かせるやり方はとっても簡単。生息していた海域と同じ濃度の塩水につけて数時間放置するだけ。「砂抜き済み」と書かれているあさりも、1時間くらい砂抜きした方が臭みがなくなります。

このやり方は、あさりやはまぐり、しじみにも使えます。美味しく召し上がるためにもやり方をしっかり覚えましょう。

用意するもの

  • あさり
  • 網付きバット(25×20cm)
  • 水…500ml
  • 塩…大さじ1
水と塩の量は、海水とほぼ同じ3.5%の塩分濃度になっています。水1Lの場合は、塩大さじ2杯(約30g)など、あさりの量やバットの大きさによって変更してください。
しじみの場合
水500mlに対して塩小さじ1に変更して下さい。生息する海域が違うので、塩分濃度1%程度が最適です。

砂抜きのやり方

STEP1:網付きバットに並べる

あさりを網付きバットに重ならないよう並べます。網付きバットがない場合は、ボウルと底の広いザルなどで代用しましょう。

バットに直接置くと、吐いた砂をまた吸ってしまいますので、必ずスノコ状の物で底上げをします。

STEP2:海水程度の塩水を入れる

水500mlに対し、塩大さじ1杯(約15g)をよく溶かし、海水程度の塩水を作ってバットに注ぎます。

注ぐ塩水の量は、あさりの顔が半分出るくらいが目安です。

STEP3:新聞紙をかぶせて置いておく

暗い方がよく砂を吐きますので、上に新聞紙やアルミホイルをかぶせ、台所の隅など静かで暗い場所に3時間ほど置きます。

温度が低すぎると砂を吐かなくなりますので、室温が高くなる夏場を除き、冷蔵庫には入れません。

ラップなどで密閉するとあさりが呼吸ができなくなります。

STEP4:新聞紙を外す

3時間後の状態です。上にかぶせた新聞紙があさりの吐いた水で濡れています。

砂やゴミをたくさん吐いているのがわかります。

STEP5:真水で洗う

あさりをボールに入れ、真水で殻をこすり合わせるように洗い、汚れやヌメリを取ります。汚れやヌメリが残ると、料理に臭みが出てしまいます。

STEP6:水気を拭き取る

キッチンペーパーで水気をよく拭き取ります。

冷凍するときのやり方

STEP1:バットに並べる

バットに重ならないように並べます。このときは網を使いません。

家庭用冷凍庫は業務用ほど温度が低くないので、ステンレス製のバットなどを利用し、できるだけ急速に冷凍します。

STEP2:冷凍庫に入れる

水平の状態で冷凍庫に入れます。

STEP3:冷凍用保存袋に入れる

凍ったら、冷凍用保存袋に移して冷凍庫に戻します。

風味が落ちる前に使おう!

食べるときは、解凍してから加熱すると、うまく口が開かないことがありますので、凍ったままの状態で沸騰したお湯に入れてください。

冷凍庫で1ヶ月以上保存できますが、風味が落ちるので早めに使い切りましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。