\ フォローしてね /

ハリネズミの防寒対策のやり方

著者が飼っているハリネズミの飼育方法、主に防寒対策方法を基にお伝えしていきます。

ハリネズミの紹介

  • 購入日:2012年10月
  • 性別:オス
  • 性格:臆病、寝るの大好き
  • 購入場所:ペットショップ

たまたまサイトに載っていたハリネズミの写真に一目ぼれし購入を決意しました。

ハリネズミは元々温かい場所に住む動物です。室内温度は最低でも20度は必要です。ベストの温度は28度~30度くらいだといいます。

20度より下がってしまうと冬眠してしまい、そのまま死にいたることもありますので、常に室内温度には気を付けてあげてください。

ハリネズミの防寒対策

毛布を使った防寒

  • 商品:ペット用の毛布
  • 料金:約300円
  • 購入場所:ペットショップ

人間と同様に体にまとうことで自ら発する熱を保温することができます。ハリネズミは爪があり足が細いので、縫い目の粗い布などは避けてください。

縫い目に爪がひっかかり足が折れてしまうことや、爪がはがれて血が出てしまう原因になったります。

動物用の毛布や、フリースのように目が細かいものを選ぶことをお勧めします。

寒さが厳しくなったときの防寒

  • 商品:ペット用保温マット(ウサギ用)
  • 料金:約2000円
  • 購入場所:ペットショップ

ペット用保温マットを毛布の下や巣の下へ置くことで、底から温まるので防寒にとても役立ちます。表裏で強弱が選べるので、その時の気温に合わせて使用することができます。

直接ハリネズミにあててしまうと火傷してしまう可能性もあるので、布などで直にあたらない工夫をしてください。

外気の冷気に効果的な防寒

  • 商品:保温用アルミ
  • 料金:約500円
  • 購入場所:ホームセンター

これは、普段フローリングなどで床が冷える際にマットの下に敷く人間用の保温アルミです。アルミは保温性が抜群なので飼育用の入れ物を覆うことで外気の冷気を遮断してくれます。

やわらかい素材のものを選ぶと簡単に覆うことができるので、変形自在のものを選ぶことをお勧めします。

室温が上がらない場合の防寒

  • 商品:保温電球40W(カバー付)
  • 料金:約3000円
  • 購入場所:ペットショップ

外気が冷た過ぎる為に、室温が全く上がらないという場合は、保温電球を使うことで室温を上げることができます。

W(ワット)数は上げたい温度によって変わりますので、お近くのペットショップの方に確認して購入して下さい。この40Wでだいたい元の温度から約7度くらい上がります。

楽に実践・費用を抑えるコツ

楽に実践するためには、実際に販売しているものを購入し、設置することが一番簡単です。また、ハリネズミ用のグッズは少ないのでウサギ用を利用すると楽に使えます。

費用を抑える為には全て買っていたのでは大変です。費用を抑えるのであれば、自分が使用していたフリースの腕を切って巾着袋のようなものを作り寝床として使用したり、保温アルミの変わりに保温性が高い段ボールを使用してみるなどで費用を抑えることが可能です。

防寒対策の注意点

人間の感じている体感温度とハリネズミの感じている体感温度は違いますので、今日はなんだか温かいから大丈夫だろうと考えるのではなく、室温計などを使って、常にハリネズミがどのような温度の中で生活しているかがわかるようにしておきましょう。

おわりに

ハリネズミは話をすることもできませんし、犬や猫のように吠えることもできません。飼い主の方が体調をしっかり管理し、住みやすい環境を整えてあげて下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。