\ フォローしてね /

パサつかずしっとり仕上がる!ささみの下ごしらえの方法

はじめに

パサつきがちな鶏ささみを、しっとり仕上げる下茹でのコツをご紹介します。

鶏ささみの下茹でのコツ

STEP1:キッチンペーパーでしっかりドリップを取る

購入した際のパッケージから取り出し、しっかりキッチンペーパー等で余分な水分(臭み)を取とります

STEP2:下茹でのお湯は、必ず沸騰させる

ボコボコと完全に熱くなるまでお湯を沸騰した状態にしてから、鶏ささみを入れます。

STEP3:すぐに弱火にし、ゆっくり加熱する

鶏ささみを入れると同時に、火を弱火(とろ火)にして約4分ゆっくりと加熱します。

STEP4:温かいうちに手でざっくり裂く

鍋から取り出した鶏ささみは、温かいうちに手で繊維に沿ってざっくりと裂いておきます。このとき、筋が気になるようでしたら手で取り外します。

これで、下ごしらえの終了です。あとは、和え物や炒め物等に使って美味しく調理しましょう!

参考調理例

ピーマンと炒めた青椒肉絲です。しっとりした鶏ささみに味が良く馴染んで、あっさりした中にもコクがあり美味しいく仕上がっています。

おわりに

この方法で、下ごしらえをしてから味付け調理をするとサッと和えるだけで味が馴染み、美味しく仕上がります。

特に炒め物の場合は既に火が通ってるので加熱し過ぎてパサつくことなくジューシーに仕上がります。ぜひ、お試し下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。