\ フォローしてね /

干ししめじを作るための下ごしらえの方法

調理前の下ごしらえとして、しめじを半日程度干すだけで、いつもの料理の美味しさがグンとUPします!

用意するもの

  • 竹ざる
  • しめじ

作り方

天気の良い陽射しがある日限定です。雨の日は作れません。

STEP1:しめじの石突きをとる

しめじの石突きを落とし、根本をバラしておきます。

STEP2:ざるに広げ、天日に干す

竹ざるなど通気性のあるものに、しめじを重ならないように広げ天日に干します。

干す時間は、半日程度~でOKです。部屋の中でも窓辺で陽射しがあれば大丈夫ですが、その場合は干し時間を調整してください。

半日干した様子

しわは寄らずに、そのまま若干小さくなり、あまり見た目には変化がないように見えますが、この状態で香りがふんわり広がっています。

手触りはサラッと表面が乾燥しているといった感じで、まだ完全に中の水分は抜けていない状態です。

参考調理例

半日干したしめじを、アスパラガスと一緒に炒めました。アスパラガスのシャキッと感と、歯ごたえのあるシメジの旨みと香りが相性のよい仕上がりです。

上手に作るためのポイント

洗濯物と同じような感覚で、お天気の様子をよく見て、陽射しのたっぷり降り注ぐ日中に干しましょう。乾燥したシーズンが最適ですが、良く晴れた日であれば梅雨時でも大丈夫です。

さらに3日~1週間かけて、天日干しを繰り返し完全に乾燥さると長期保存も可能ですが、環境によりカビやすいため、上手に完全を目指すのはやや難しいです。あまり、保存を前提とせずに、当日の献立用の下ごしらえとしてご活用下さい。

おわりに

キノコ類は、干すことで旨みがギュッと詰まった濃い味わいになり、香りもとても豊かになります。あれ?っと思うほど美味しく感じますよ!ぜひ、お試し下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。