1. 暮らし
    2. 毎日掃除で清潔をキープ!炊飯器の掃除方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    毎日掃除で清潔をキープ!炊飯器の掃除方法

    こまめに炊飯器を掃除する事は、雑菌の繁殖を防ぐためにとても重要です。意外と簡単で手間もかからない方法をご紹介しますので、是非毎日行ってみてください。

    用意するもの

    • 洗剤を使いたくない場所にも使える重曹スプレーや除菌シート

    この手の掃除道具は種類が豊富で、気軽にホームセンターや100円ショップ、スーパー等で手に入るので探してみてください。

    炊飯器の掃除方法

    STEP1 内釜と内蓋を外す

    内蓋は意外と汚れます。炊き込みご飯や玄米を炊いた時は特に汚れるので、炊飯の度に取り外すようにします。

    洗い桶に水をため内蓋を浸けておきます。このまま30分くらい浸けておくと、汚れが非常に落ちやすくなります。内釜にも水をいれて汚れがはがれやすくしておきます。

    STEP2 拭き掃除する

    掃除シートかスプレーを吹き付けた布を使って、内釜を外した底の部分を拭き掃除します。

    内蓋を外した蓋の部分も拭きます。

    細かい部分も丁寧に拭きます。指にシートを巻き付けるようにすると拭きやすいです。

    蒸気の吹き出し口が取り外せる場合は、外して拭きます。

    最後に外側を綺麗に拭いて、拭き掃除は終了です。

    STEP3 内釜と内蓋を洗う

    浸けておいた内釜と内蓋を洗剤で綺麗に洗います。

    炊飯器の掃除で注意する事

    掃除するタイミングは、炊飯器が温かいうちが汚れが落ちやすくいいと思います。筆者は炊きたてご飯を茶碗によそうとすぐに保温スイッチを消して、残りのご飯は取り出してしまいます。

    長時間の保温は電気代も掛かりますし、雑菌も増えます。あまりいいことはないので、すぐに取り出し、タッパーやラップで保存する事をお勧めします。

    おわりに

    炊飯器の掃除を日課にすると、不思議なくらいすっきりとした気持ちになれます。意外と見落としがちですが、雑菌の温床となりがちな場所なので、毎日お掃除してみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人