\ フォローしてね /

20代女子会で盛り上がる話題・避けるべき話題

筆者は、学生時代に女子校通っていたり、女性の多い職場にいたりしたことで同性の友人がたくさんいます。また子どもを生んでからは、ママ会を開いたりと女性同士で集まることがさらに多くなりました。

その経験から女子会で盛り上がる話題と、避けるべき話題があることがわかりました。ここでは「女子会で盛り上がる話題と避けたい話題」をご紹介します。

女子会で盛り上がる話題のトピック

思い出話

一緒に過ごした学生時代の思い出や、職場での忘れられないでき出来事などなど。思い出は、1つの話題から次々と違う話題が思い出され、とても盛り上がります。

会話例

「あのときの学祭の飲み会、盛り上がったよね!」
「そうそう!あんなに飲んだの始めてだよ!」
失敗話や相手が話されて嫌がる話題はやめましょう。

仕事の話

お互いの仕事の話をするのもおもしろいです。互いに異なる分野の仕事をしているのであれば、どんな仕事をしているのかを聞くことによって、自分の世界が広がって楽しいです。

また、仕事を持っている人であれば、少なからず将来には夢を抱いているものです。今の仕事に専念し昇進をねらったり、独立したり、開業したり、新しく仕事を始めたりと仕事の将来の展望などを話すのも夢が広がります。

会話例

「今の仕事から転職しようと思うんだ」
「転職?!思い切った決断だね!」
「もっとやりたいことが見つかってさ~!」
自分と価値観の違う仕事についていたとしても、相手の職業や夢を否定したり、馬鹿にする態度をするのはたとえ親しくてもNGです!

恋愛話・結婚話

恋愛・結婚の話は、女子にとって無条件で盛り上がります。付き合っている彼の話や、デートに行った場所など、相手が嫌がらない程度に質問して聞きましょう。少し照れくさいですが、自分の幸せな恋愛話や結婚話は話していて楽しいです。

会話例

「将来、結婚する人の3つの条件は?」
「うーん。優しい人、スポーツ万能な人・・・・あとは、顔かな!」
「(一同)そんな人いないって!!」
彼氏や夫が、好きな人がいない友達には、好みのタイプやどんな人と結婚したいかという話をすると盛り上がることができます。

芸能話

流行っているドラマの話題や、好きな俳優や芸能人の話は年齢がいくつになっても盛り上がります。また、その好きな俳優やドラマを知らない人がいたら、ケータイなどで画像を検索して見せて、好みかどうかを聞いたりしても盛り上がります。

会話例

「ドラマの〇〇に出ている××さんかっこいいよね!」
「どんな人だっけ?」
ケータイを見せながら、「この人だよ!超かっこよくない?」
「めちゃめちゃかっこいい!!」

子どもの話

これは、お互いに子どもがいる場合に限ります。育児のやり方であったり、成長の様子を話すのはとても楽しいです。時には、うまくいかない悩みを相談すると、自分では思いつかなかった、意外な解決方法を教えてもらったりして、勉強になります。

会話例

「うちの子、どうしてもブロッコリー食べてくれなくて」
「それなら、和風だしにとろみをつけて和えると食べやすいよ」
「そうなんだ!やってみる~!」
相手の育児のやり方を否定したり、上から目線で注意するのは絶対NGです。それぞれの家庭の方法を尊重して聞くことが大切です。

女子会で避けるべき話題のトピック

うわさ話

その場にいない人のうわさ話や人づてに聞いた話などは、避けたほうが無難です。内容が不確かで、曖昧な場合が多いからです。

軽い気持ちで、悪意がまったくなく話したつもりでも、回り回って本人の耳に入ったときに、どのような情報に変化しているかわかりません。あなたから聞いたという悪口に変化してしまう可能性もあります。

会話例

「○○さん、会社辞めたいらしいよ」
「え~!付き合っている人がいるって聞いたけど、結婚するのかもね」
「結婚?じゃあ、絶対辞めるよ~」
その場に本人がいない、不確かなうわさ話をするのはやめましょう。

悪口

自分が好きではない人の悪口は、ついつい言いたくなってしまうものです。しかし、聞いている人にとっては心地良いものではありませんし、そこで言った悪口が、思わぬ人間関係の悪化を招くこともあります。

会話例

「○○さんて、口調もきついし、正直苦手なんだよね」
「そうなんだ~」
「そうなの!この前もね・・・」

特に20代には

20代の女子会ならば「学生時代の思い出話」と、「現在進行系の恋愛話」が特に盛り上がると思いますよ。それぞれ昔の恋愛を知っているからこそ応援できたり、アドバイスできたり…。きっと楽しい女子会になるはずです!

女子会の話題での注意点

女子会のメンバーの中で特定の人だけが話し続ける状況になってしまうと、みんなが楽しめません。あまり話していない人にはさりげなく話題を振り、全員が楽しめるように配慮をしましょう。

一部の人だけでなく、全員が参加できるような話題を選ぶように配慮しましょう。

おわりに

いくつになっても、女子同士で集まって話すのは楽しいですね。そのメンバーや年代によって、さりげない配慮で、楽しい女子会にしたいものです。筆者の経験が、少しでもお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。