1. 料理
    2. 超時短!トースターの替わりに魚焼きグリルを使う方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    超時短!トースターの替わりに魚焼きグリルを使う方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    トースターが便利なのは知っていても、オーブンレンジがあるから……と思って買っていません。でも、著者が使っているオーブンレンジの場合、とにかく時間がかかる!トースト1枚に10分弱、2枚なら15分位!

    グラタンを焼くのなんて余熱と焼き時間で30分以上はかかります。前日作りすぎたクリームパスタを、朝食でグラタンにアレンジして出かける前に食べようと思ったけど、やっぱり時間がかかってしまいます。なんとか時短で済ませようと思いついたのがこの方法です。

    もしかして……とグラタン皿を魚焼きグリルに入れてみました。すると予想以上の仕上がりにびっくり!

    具体的な使用方法

    STEP1:魚焼きグリルに水を入れる

    魚焼きグリルに水を入れます。

    魚焼きグリルでは、通常魚を焼く場合でもきちんと水を入れないと故障や思わぬ事故の原因になることがあるようなので入れてください。

    STEP2:魚焼きグリルに焼きたいものを入れ、火をつける

    食材を魚焼きグリルに入れて、火をつけます。

    グラタンは弱火で10分~15分位、トーストは強めの中火で2分位、ひっくり返して1~2分位でできます。ただし、機種によって多少の違いがあると思いますので最初は側について時間を確認してください。

    グラタンは、中火で焼くとすぐに焼き色がつきますが、表面だけ焦げた感じになってしまうので、弱火にして、少しゆっくりと仕上げてください。

    STEP3:焼き上がり

    しっかり焼き上がりました。

    さいごに

    この方法は時短で仕上がり、トーストもふっくらと美味しく仕上がります。ただすぐに焦げてしまう事があることと、魚を焼いた後すぐだと匂いが移る事があるので気をつけてくださいね。

    この方法を発見してからは、うちではトーストを食べる頻度が増えました。ほとんど汚れないので後片付けもサッと水を流すだけ。とっても便利なので是非お試しください。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人