\ フォローしてね /

知っておきたい!投資信託のリスクとリターンの関係

投資信託をはじめるにあたって、リスクとリターンについて基本的なことをおさえておきましょう。ここでは、リスクとリターンの関係についてご説明します。

本記事は、2013年3月のソニー銀行株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

リスクとリターンは「トレード・オフ」の関係

リスクとリターンの関係はトレード・オフ(二律背反、あちらを立てればこちらが立たず)の関係です。

より高いリスクを受け入れることによって、より高いリターンを得ることができます。リスクを低く抑えたいのであれば、リターンも少ないと心得ましょう。

投資の世界に「小さなリスクで大きなリターン」という都合の良い商品はありません。

投資信託の分類5つ

投資信託協会では、リスクとリターンの関係により、投資信託を5つに分類しています(RR分類) 。

安定重視型

安定した利回りを目標として運用するファンドです。基準価額の変動が極めて小さい性格のファンドです。

元本が保証されているわけではありません。

利回り追求型

利回り向上を目的として運用するファンドです。基準価額の変動が小さい性格のファンドです。

値上がり益・利回り追求型

値上がり益・利回り追求目標として運用するファンドです。基準価額の変動が小さくない性格のファンドです。

値上がり益追求型

値上がり益追求を目標として運用するファンドです。基準価額の変動が大きい性格のファンドです。

積極値上がり益追求型

積極的な値上がり益の追求を目標として運用するファンドです。基準価額の変動が極めて大きい性格のファンドです。

おわりに

どの投資信託を選ぶか迷ったときには、リスクとリターンの程度を考え、自身の目的に合った投資信託を選ぶことが大切です。

(image by amanaimages)
(image by ソニー銀行株式会社)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。