\ フォローしてね /

忘れちゃいけない元日本一!横浜ランドマークタワーを楽しむ方法

スカイツリーが凄い人気ですね。展望台に入るにも、大分待ったりするようです。ところで、スカイツリーができる前は、どこが日本一高い展望台だったかご存知でしょうか。そうです!横浜ランドマークタワーです!

横浜ランドマークタワーに行ってきたのでご紹介します。

横浜旅行の概要

概要

2010年の11月に1人で行きました。当時、横浜美術館で「ドガ展」が開催されていて、昼間は横浜美術館、夜にランドマークタワーに行きました。桜木町駅で電車を降り、風景を楽しみながら歩いていきました。横浜の“画の強さ”に驚きました。

宿泊について

桜木町ワシントンホテルに一泊しました。楽天トラベルから「海側シングルセービングプラン」を予約しました。横浜のホテルの海側は高いですが、日曜宿泊でもあったため、1泊6500円とかなりお得でした。

写真は部屋から撮影したものです。正面にワールドポーターズ、右遠くにベイブリッジが見えました。左にはみなとみらいの高層ビル群が見えました。夜景も綺麗なオススメのホテルです。

旅行の詳細体験記

夜景がキレイ!

横浜ランドマークタワーの69階にある展望台、スカイガーデンに行きました。高さは273メートル!ぐるりと回れるようになっており、360度横浜の夜景を眺望できました。

とにかく「綺麗!」の一言でした。きらびやかな街の灯りが宝石のようでした。東京ほど高層ビルがないため、広々とした感じがあり、夜の海に光が反射するのも美しかったです。お客さんも少なく、横浜の夜景を満喫できました。

入場料金:大人1000円 営業時間:10時~21時(最終入場20時半)詳細はスカイガーデンホームページをご覧下さい 
筆者の使っているコンパクトデジカメでは、どうしても手ブレが起こり、夜景がぼやけて写ってしまいました。これを機にミニ三脚を購入しました。三脚を使うと夜景も綺麗に撮影できオススメです。

外観もキレイ!

展望台からだけでなく、外観の夜の姿も綺麗でした。写真は桜木町駅前から撮影したものです。昼間に見ると、どことなく無愛想な建物に感じましたが、夜は様々な色の灯りに彩られ、近未来的な感じを覚えました。

「ゆず」の曲に「桜木町」という名曲があります。この場所です。ゆずファンには特にオススメのスポットです。

カクテルも楽しめる!

横浜ランドマークタワー70階には、ロイヤルパークホテルさんのスカイラウンジシリウスが入っています。宿泊客でなくても利用できます。筆者も展望台の後に行ってきました。

若いバーテンダーさんが多かったですが、非常にサービスが良く、カクテルも美味しかったです。「アンバードリーム」や「ジャックローズ」など、メニューにないリクエストにも応えてくれました。ライブも開催されており、音楽を聴きながらカクテルを楽しめました。

展望台のスカイガーデンからは行けません。一度下に降り、ホテルのエントランスから別のエレベーターで行きます。ホテル前に案内板も出ています。
一応、ドレスコードがあるようです。筆者はブラックジーンズにジャケットでしたが問題なく入れました。短パン・Tシャツなどでは入れない可能性があります。

ショッピングも楽しめる!

ランドマークプラザ及びクイーンズタワーと接続しています。中にはたくさんのお店が入っています。お買い物もにもオススメです。

クイーンズタワーにとても長いエスカレーターがあります。乗っていて、あれ?とデジャヴを覚えました。後で分かったのですが、『踊る大捜査線』の映画で使われた場所でした。踊るファンにもオススメのスポットです。

横浜ランドマークタワーのよかったところ、イマイチだったところ

とにかく綺麗なところでした。展望台はもちろん、付近を歩いているだけでも、テンションが上がりました。個人的には、日本で1、2を争う美しい街だと思います。国内BAR発祥の地でカクテルも楽しめ嬉しかったです。

ホームページにあるドッグヤードガーデンにも行ってみました。イベントもやっていなかったため、特にどうということはありませんでした。

旅行する人に向けてアドバイス

横浜ランドマークタワーの直近駅はみなとみらい線のみなとみらい駅になります。地下を走るため、眺望がありません。車窓からも横浜の風景を楽しみたい方は、JRの桜木町駅を利用しましょう。

スカイガーデンは昼間の眺望も最高です!デジカメを忘れてしまい写真はありませんが、晴れた日には青い空と青い海が眺望できます。昼間に行くのもオススメです。

おわりに

横浜には他にも観光スポットがたくさんあります。合わせてお楽しみ下さい。横浜ランドマークタワーも忘れないでくださいね。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。