\ フォローしてね /

厳しい道のりを超えて!駆け出し画家が教えるプロの画家になる方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

画家という職業は、クリエイティブで素敵な印象がありますが、プロとしてお金をもらいながら活躍できるのは、ごくわずかと言われています。ここでは、プロの画家になる方法を、駆け出し画家の著書がご紹介します。

プロの画家になる方法

プロの画家とは?

画家になるのに特に資格はいりません。「私は画家です」と名乗ってしまえば、一応は画家になれます。でも、プロの画家となると「作品に対してお金をいただける」ということが条件になります。

絵やイラストの注文が入る、または、描いた作品を買ってくれる人がいて、はじめて「プロの画家」と言えるでしょう。日本で絵を売ることは非常に難しいので、著者の感覚では、年に30万円以上売れれば、一応プロの画家と名乗れるのではないかと思います。

他業種に比べると、ずいぶんと低い金額だと思いますが、コンクールで大きな賞をとった画家であっても、絵だけだと年収100万円未満という人はたくさんいます。

画家の中にはプロで活躍しているけれど、年収は微々たるもの、という人がたくさんいるのです。

プロの画家になるには?

プロの画家になるには、

  • 1.美大を卒業する
  • 2.一般の絵画教室、あるいはイラストレータースクールなどで腕を磨く
  • 3.独学

の3つの道があります。

そして、自分である程度レベルに達したと思ったら、自分の絵のジャンルに合った営業を開始します。

油絵や日本画など古典的な絵画を売りたいのであれば、画廊に、雑誌や本などの挿絵、表紙絵を描きたいならば、出版社などに営業に行きます。

この際には、「作品ファイル」と言って、今までの自分の作品をA4程度の紙に印刷しファイリングしたものを持参し、面接してくれた方に見ていただきます。

また、コンクールへの応募も重要な営業となります。残念ながらコンクールでの入賞が即、仕事にはつながらない場合も多いのですが、その業界で有名な方々と接点を持つことができますし、営業時に「○○のコンクールで入賞しています」と大きなアピールポイントとすることができます。

古典的な絵画を売り込むことは、日本では非常に難しいのですが、一方、イラストなど単価の安いものは、比較的、仕事がとれやすい印象があります。

プロの画家になるために必要なこと

まずは、あきらめないこと、最終的にはこれに尽きます。そして、良い先生に出会うことが重要だと思います。

著者は、イラストレーターのプロ育成講座に3年間通ったのですが、ここで一流の先生方からご指導いただきました。自分自身も努力しましたが、ここの先生方に随分と能力を引き上げてもらったと思っています。

才能があり、独学でプロになれる人もいますが、それはほんの一握りですし、自分の絵の良し悪しを自分で判断するのはとても難しいことです。

もうすでにプロとして活躍されている先輩方の目からみたアドバイスというのは、自分の絵を客観的に評価してもらう良い機会になりますし、それによってセンスが鍛えられます。

著者は現在、雑誌の挿絵の仕事とOLの二束わらじを履いています。不況の現在、画家として食べていけるようになるのは、とても長い道のりだろうと覚悟しています。

夢を追いつつも、他の仕事で経済を安定させる、これも画家を目指すうえで大事だと思います。

おわりに

プロの画家として食べていくには、たくさんのハードルを越えなくてはなりませんが、絵が売れた時、自分の絵が何かに使われた時は、本当に嬉しいものです。

日本でも若手アーティストを育てようという気風が最近は高まってきているようですので、これからはもう少し画家が暮らしやすい時代になることに期待したいですね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。