\ フォローしてね /

幸せを届ける!充実した一人クリスマスを過ごす方法

街中がクリスマスでにぎわう12月24日に一人ポツンと過ごすのは悲しいものです。しかし一人でも充実したクリスマスを過ごす方法はあります。

充実した一人クリスマス

1:仕事に集中

筆者の仕事はサービス業だったので、お客さんがクリスマスをもっと楽しめるように笑顔でサービスしたり、喜んでいるお客さんに便乗して楽しみました。

仕事柄、クリスマスに休みを取ることが難しかったという理由もありますが、「仕事で他のスタッフとワイワイ楽しむのもありだな」と感じました。サービス業でなければクリスマスの予定が入っている人の仕事を手伝ってあげることもできると思います。

「誰かのために頑張れること」は充実した時間を過ごすためのポイントです。

2:イルミネーション巡り

クリスマスといえばイルミネーションですよね。もちろんカップルで楽しむのもいいですが、一人でも楽しむことができます。

写真をいろんな角度から撮ったり、イルミネーションスポットを巡ったり、クリスマスならではの楽しみもあります。周りが暗いので、一人でも目立ち過ぎることも無く自分のペースで楽しめますよ。

お連れがいると寒くないかが気になったりたくさんのスポットを巡るのは時間の面からも難しかったりします。
来年のためにもベストスポットを探しましょう。

やらなくてよかったこと

レストランでの食事

飲食店にとってクリスマスは一年をかけて準備した重要な時間です。「カップルで賑わっている店内でポツンと一人」というのはお店にとっても、他のお客さんにとっても雰囲気を壊す原因となります。

筆者が勤めていた飲食店で、「カウンター席でもいいから」ということで一人で来られたお客さんがいました。カップルばっかりの空間でやはりそのあたりだけは空気が違ってた気がします。お店側も気を遣ってしまいますし、周りのお客さんにも気を遣わせてしまっているようでした。

「私は一人でも気にしない」という考えは、お店によっては注意が必要かもしれません。

一人のクリスマスを楽しむポイント

クリスマスだからこそ、誰かのために自分一人でも頑張ってみたり、来年の誰かのために今年は調査の時間に充てるなど、「誰かのために」が一人でクリスマスを楽しめるポイントなんではないでしょうか。

おわりに

一人なんて寂しいなんて思わず、一人だから楽しめるクリスマスを探してみてはいかがでしょうか。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。