\ フォローしてね /

保険やローンもしっかり計画的に!30代夫婦のマネープラン【体験談】

20代とはまた違った人生設計を考えるようになる30代。子供の学資や、老後資金、住宅ローン等、保険等考えないといけないことはたくさんです。

そんな中でも、こつこつ、少しづつですが、堅実に貯金をしていけるマネープランをご紹介します。

30代主婦の考えるマネープラン

世帯概要

  • 夫婦、子供1人(夫30代後半、妻30代前半、子供幼稚園児)
  • 世帯全体の月間収入・・・約31万
  • ローン・・・住宅ローンに月7万
  • 年間貯蓄・・・夫婦貯金に年100万(ローン含む)・子供貯金に年10万

我が家のマネープラン

一昨年マンションを購入し、ローンを抱え、夫も40代に入ろうかとしているので、以下のように目標を設定しました。

  • 子供が18歳になるまでに400万円を貯蓄:学資保険+子供用貯金
  • 夫が65歳になるまでに老後資金として3000万以上を貯蓄:毎年100万貯金×30年+年金保険+夫の退職金
退職金はあまりアテにはしないようにしているので、毎年の貯金を確実にしています。
  • 住宅ローンは夫65歳までに完済
しかし無理な繰り上げ返済は控えるように決めました。

マネープラン達成のためのコツ

幼稚園の娘もいるので、なかなか貯金も貯まりませんが、4年間家計簿をつけている中で、段々とお金の貯め方、使い方は把握できるようになってきました。

毎月のお金の使い方

月に使う金額を決めて下ろします。我が家は月に10万以下と決めています。

これで、食費、日用品、車関係(ガソリン代等)全てまかなえるようにします。カード使用料金もこれに含みます。

携帯、保険、光熱費、ローンは別です。

貯金の仕方

毎月の余りはそのまま口座へ。

我が家は、口座をもうひとつ作っていて、そちらは光熱費用に15,000円毎月入れていて、その余りも貯金として少しずつですが増えていっています。光熱費は毎月10,000円くらいで抑えるようにしています。

子供用の貯金は別に子供の口座へ毎年誕生日月に10万振り込むようにしています。

口座はなるべく数個もつようにしておいたほうが、何かあった時に安心だし、貯金も貯めやすいそうです。

上手に保険を活用

医療保険、車の保険は勿論、年金保険、子供の学資保険にも入っています。

学資保険は子供が18の時に300万入るものを選びました。20歳の時ではなく、大学入学時の18歳の時に入るようにするのがポイントです。

年金保険は、控除対象にもなるし、なるべく利率のよいものに加入。

いらないものは徹底的に省く!

結婚時に、車を一台処分し、夫婦で一台に。携帯は、プランを出来るだけ月々見直しをしています。

夫婦のお小遣いは、なし!使途不明金が出やすいお小遣いは夫婦でお互いなしに。飲み会がある度に夫に渡したり、お互いほしいものがあるときは、一緒になるべく安いものを探したり、セールを活用しています。

でも記念日や、交際費はあまり絞らないようにし、ストレスを貯めない程度に。

おわりに

貯金は、夫婦で明白にし、お互いがちゃんと把握した上で、興味を持って話し合うことがまず第一歩かなと思います。

住宅ローンの繰り上げ返済もしたいですが、まず、子供にかかるお金が先決なので、子供が小学生に上がったら、高校入学までの間に少しずつ繰り上げできたらと思っています。

老後資金は夫婦で少なくとも3,000万は必要らしいので、夫の退職後にはそれ以上貯めていけるように、筆者も資格の勉強をしているところです。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。