\ フォローしてね /

これさえ覚えておけばOK!夏の車内でも快適に過ごす方法

サウナのように蒸し暑くなってしまう夏の車内に乗り込むのは大変イヤなものですが、著者が実践しているその暑さを少しでも和らげる方法を紹介します。

夏の駐車場での対策

「熱から守る」のではなく「熱を逃がす」ことを考える

夏の厳しい直射日光の下に車を晒しておけば、どんなことをしても車内は暑くなります。サンシェードを使用していたこともありましたが、思ったほどの効果は感じませんでした。

そこで考え方を変えて、熱を下げる方法ではなく車内の熱を少しでも早く逃がす方法を調べました。すると、これから紹介する方法を見つけました。

車内の熱を早く逃がす方法

1.助手席側のドアを大きく開ける

助手席側のドアを大きく開けます。

隣に他の車が止まっていて大きく開けられない場合は、一緒に窓も開けましょう。

2.運転席側のドアを5,6回大きく開閉する

運転席側のドアを5,6回大きく開閉します。

閉まるときに「バタン」という音がするくらい強めに閉めるのがポイントです。

ドアを閉める時の勢いで、車内の熱気が助手席側へと流れていって外へ放出され、その流れに乗って外気が入ってくるので一気に車内の空気が入れ替わり、車内の温度が外気温と同じになります。

その後、全部の窓を開けたまま1,2分走行してから冷房をかけると早く涼しくなります。

その他のポイント

ハンドルやシフトレバーはカバーを

上記の方法で車内の温度は下がりますが、ハンドルやシフトレバーなどは熱くなってしまうとなかなか温度が下がりません。

そこで、直射日光が当たらないようにハンドルやシフトレバーにはタオルを被せておきましょう。

タオルの色は熱を通しにくい白がいいでしょう。

ショッピングセンターでは立体駐車場へ

大型ショッピングセンターなどは立体駐車場が設けてあります。屋上以外のエリアは陰になっているので車内の温度が上がることもありません。

暑さ対策の手間が省けるので夏は積極的に利用しましょう。

サングラスを使用する

暗くなると温度を低く感じる」という人間の錯覚を利用して運転中はサングラスをかけましょう。

夏の日光の眩しさも軽減できるので一石二鳥です。

暗いときにサングラスを着用すると視界が悪くなるので注意してください。

アームカバーを着用する

窓側から日光が差すと腕がジリジリと焼けるように熱くなります。そこで通気性のいいアームカバーを着用すると熱さが軽減できます。

100円ショップで売っているものでも充分、効果があります。
日焼けが気になる方は日焼け止めを塗っておきましょう。

最後に

いかがでしたか?

今回紹介した方法なら、お金もかからず簡単に暑さから逃れられると思います。是非実践してみてください。

(photo by amanaimages)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。