1. 暮らし
    2. 100円均一でカンタン手作り!可愛いハロウィンリースの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    100円均一でカンタン手作り!可愛いハロウィンリースの作り方

    日本でも年々盛り上がりを見せるハロウィン!仮装やコスプレの衣装づくりもいいですが、今年は可愛い飾り付けを手作りしてみませんか?

    今回は、100均の材料で簡単に作れるハロウィンリースをご紹介したいと思います。可愛くて面白いかぼちゃやお化けをお部屋やパーティー会場に、玄関の扉に。活用方法いっぱいの素敵なハロウィンリースの作り方をご紹介します。

    用意するもの

    • リースの土台
    • 造花(土台の大きさに合わせた本数)
    • ハロウィンのマスコット(100円均一にもあり)
    • ワイヤー

    すべて100均一で揃えることができます!ハロウィンのマスコットも時期になれば売っている場合がありますが、手作りなら「型紙・フェルト・綿」をご用意ください。

    ハロウィンリース作り方

    STEP1:巻きつけるタイプの造花を付ける

    リースの土台に造花の花や葉っぱを巻き付けていきます。ワイヤーでひとまとまりになっているものであれば、そのままクルクルと巻き付けます。

    図のようにまんべんなく巻き付けて下さい。土台となるリースの大きさによっては、造花1本で足りない場合があります。大きさに合わせた本数用意して下さい。

    STEP2:単体タイプの造花を付ける

    造花が単体のものには、ひとつずつワイヤーを巻き付けます。巻き付けたワイヤーをリースの隙間に上手く差し入れ、裏側で巻き付けます。細かく取れやすいものは、ボンドでリースに直接貼り付けます。

    オレンジ色や緑色の素材など、ハロウィンっぽさを演出できる材料を揃えるとより素敵なリースができますよ!自然の木の実、どんぐり、実など秋の収穫を取り入れてみても良いですね。

    STEP3:ハロウィンの飾りを付ける

    ハロウィンにちなんだマスコットをリースの内側に結びます。カボチャ、猫、おばけ、魔女、月、魔女ハットなど好きなマスコットを用意してみて下さいね。マスコットはフェルトで手作りしても素敵ですね。

    ぶらさげるための紐も、オレンジ、黒、緑にするとよりハロウィンらしさがでますね。著者はナチュラルテイストで仕上げたかったため、麻素材の紐を使用しています。

    ハロウィンマスコット(カボチャ)の作り方

    今回はカボチャのマスコットの作り方をご紹介します。

    STEP1:フェルトを切る

    マスコットを手作りで作る時の手順です。作りたい形の型紙を用意します。型紙に合わせてフェルトを切ります。

    裏表1枚ずつ、計2枚同じ形を用意して下さい。

    STEP2:縫う

    中表(表になる面を中に合わせる)になるように重ね、周りを縫っていきます。最後2cmほど裏返す為の隙間を残して縫い付けて下さい。縫い残した所からひっくり返し、表が外にでるようにします。

    STEP3:綿を詰め、細かい部分を貼り付ける

    ひっくり返したものに綿を詰めていきます。綿を詰め終わったら最後に縫い残しておいた所を縫い閉じます。目、口など細かい所を布用ボンドで貼り付けます。

    図ではカボチャを見本にしましたが、基本的にどの形も作り方は同じです。最初の型紙を変えることで好みのマスコットを作ることができます。

    ハロウィンリースを簡単手作りして楽しもう!

    お部屋のインテリアや仮装パーティー会場のアクセントに、オリジナルリースを飾り付けハロウィンの雰囲気を出してみて下さい。

    100均を上手く利用すれば、費用を抑えた飾り付けを楽しむことができます。アイディア次第でオリジナルの素敵なハロウィンリースの完成です!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人