1. 暮らし
    2. エアコンの効きを工夫で改善!暖房代をぐっと下げる方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    エアコンの効きを工夫で改善!暖房代をぐっと下げる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    1Fのリビングに2階に上がる階段があり、吹き抜けになっているため、暖房の効きが悪く、いくら暖めても肌寒いのが悩みでした。設定温度を上げることでなんとかやっていましたが、月の電気代を見てビックリしました。

    そこで電気代を下げるために実践した方法を紹介します。

    電気代を節約する方法

    1:吹き抜けの階段

    養生シート+遮熱カーテンで、2階に暖房の暖気が抜けて行かないようにしました。養生シートは突っ張り棒で固定しています。養生シートはホームセンターで200円もしませんでした。

    あまり見映えはよくありませんが、暖気を塞き止める効果は抜群でした。これによって部屋が暖まりやすくなり、エアコンの設定温度を低くすることができました。

    2:台所からの冷気

    リビングと台所の通路に、カーテンを吊るしました。普段の冷気止めにも効果的ですが、キッチンで換気扇を使う時などとても役立ちます。

    3:コタツの下の敷物

    アルミシートを敷くことによって、コタツの設定温度を抑えめにできます。それ以前はフローリングから伝わってくるしんとした冷たさで、あまり暖かく感じませんでしたが、アルミシートを敷くことによって暖まり具合がずいぶんと改善されました。

    おわりに

    これらの対策のおかげで、翌月の電気代は数千円安くなりました。冬の暖房代を抑えることで、電気代を節約することができました。

    (photo by 足成)
    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人