\ フォローしてね /

ズッキーニの食感を生かした3種類の切り方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

ズッキーニは、ナスに似た食感で、油との相性がよく揚げたり、炒めたり、しっくり煮込むと甘みが増すため煮込み料理にも最適な食材です。各々の調理法に合った切り方3種類をご紹介します。

軽く水洗いし、両端を切り落としたら準備完了です。皮を剥く必要はありません。

切り方3種

1.輪切りにする

横から薄切りにします。最もポピュラーな切り方ですね。

炒めたり、蒸したり、揚げたりと幅広く活用でき、切る幅によっても食感が変わり応用範囲の広い切り方です。

2.乱切りにする

包丁を斜めして切ります。

包丁の位置や角度は変えずに、ズッキーニを回転させてから切ります。

回転させながら、1本分を切ります。

このように切ると、断面の表面積が大きくなり煮込み料理では定番の切り方です。味の染み込みが良くなり、食感も厚みがあるのでボリュームが出て食べ応えのある仕上がりとなります。

3.短冊切りにする

縦半分に切ります。

横半分に切り、再度縦に2等分にし短冊状に切ります。

このように切ると、天ぷらや肉巻きフライなど肉厚な部分を活かした調理に向いた切り方となります。輪切りに比べ身の部分がトロリと柔らかで、よりジューシーな食感となります。

おわりに

ズッキーニは、煮る蒸す焼く揚げる、全ての調理法に適していて献立のバリエーションの広い食材の1つです。各々、切り方を変えて調理してみると、また違った味わいになり更に料理の楽しみが増えそうですね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。