\ フォローしてね /

南伊豆で少し早めの「みなみの桜」をのんびり堪能【体験談】

2013年2月半ば、友人と2人で南伊豆の早咲きの桜を観に行きました。少し早いのは承知でしたが、予想以上に楽しめたのでそのときのことをご紹介します。

南伊豆旅行の詳細

東京から2~3時間、車で訪れました。1泊2日で仕事関係の保養施設を利用しました。

旅行の体験記

1:桜並木

出発前に調べたとおり、桜は3分咲き。いい感じに咲いているのは2本のみであとはまだほとんど蕾でした。ですが、咲いている桜と菜の花、空の青さがとてもきれいでした。桜並木の下には青野川。

子供たちが、懐かしい水切りをして遊んでいました。青野川の水はとても綺麗で、お散歩をしていてもとても気持ちが良かったです。

2:足湯 湯の花

ぶらぶらと歩いていると、足湯を発見しました。無料できれいな更衣室もあり、タイツを履いていた筆者もそこで脱衣が可能でした。管理人さんがいるわけでもなかったのですが、とても綺麗でした。見ず知らずのお隣の観光客と他愛もない会話をするのも楽しかったです。

他にも、桜並木通り沿いに住んでいる80代のおばあちゃんがお雛さまを観光客に見えるように飾っていて、このあたりで有名なつるし雛のお話や歴史のお話をしてくれました。この辺は、昔から菜の花が綺麗で、菜の花でかくれんぼや迷路をしていたそうです。

駐車場から少し離れたところに、菜の花畑もありました。まだ、咲いたばかりの菜の花が柔らかくて、おいしそうでした。

その他にもお花がたくさん咲いていて、少し早い春の訪れを感じました。

南伊豆旅行のよかったところ、イマイチだったところ

よかったのは、お花見の名所にもかかわらず、満開ではなかったせいかまだ人も少なく、のんびり自分のペースで歩けたことです。観光名所だからか、地元の方たちが誘導をしてくれたり、写真を撮ってくれたり、いろいろお話を聴かせてくれたりして、とても楽しく過ごすことができました。

イマイチだったのは、桜が2本くらいしか咲いていなかったことでしょうか。でも、地元の方は、これ以上咲き始めると観光客がたくさん訪れるので、ほどほどが1番よいでしょうと励ましてくれました。

南伊豆エリアに旅行する人に向けてアドバイス

筆者ははじめて伊豆を訪れたのですが、とても良い場所でした。車窓の景色もとても美しいですし、ゆっくり歩くのにも道が整備されていて歩きやすそうでした。温泉地なので日帰り入浴ができる施設もあるようですし、足湯施設も多そうです。あまり時間に追われずに、のんびりすることをおすすめします。

おわりに

ぜひ、のんびり伊豆を訪れてください。春の訪れを感じられますよ。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。