1. コミュニケーション
    2. 【女性編】結婚相手に妥協する3つのポイントとは?!

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【女性編】結婚相手に妥協する3つのポイントとは?!

    このライフレシピのもくじたたむ

    「みんなのウェディング」でアンケートを行なったところ、多くの先輩カップルが、パートナーは必ずしも「理想のタイプ」ではなかったと回答しています。全くイメージとかけ離れても、結婚生活を送るのは難しいですよね。今回は、女性が彼と結婚するとき、妥協したポイントを紹介いたします。

    本記事は、みんなのウェディングのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    1:外見

    パートナーはかっこよくて、やせ型で…という外見にこだわる女性は多いようです。

    けれども、実際に選んだパートナーは、外見よりも中身で勝負。

    結婚は人柄重視とわかってはいるものの、やはりかっこいい彼がよかった…という本音が聞かれました。

    リアルエピソード

    いままで顔のかっこいい人とお付き合いばかりしてきた。彼は、顔はとてもかっこいいとはいえないし、派手なタイプではなく地味なので…。(20代後半女性)

    2:収入

    彼のよい面をたくさん認めて結婚を決意したことに後悔はないものの、収入面から将来設計を変更せざるを得ない場合もあるでしょう。

    出産を念頭に専業主婦を希望していたものの、働き続けた…という女性も少なからずいるようです。

    リアルエピソード

    私も旅行好きだったので、彼となら一緒に旅行を楽しめるだろうという、直近の快楽の為に、遠い将来の事はあまり考えず収入面を妥協してしまった。(30代後半女性)

    3:住む場所

    結婚したら実家近くに住みたいと思っていたけれど、実際は遠くになってしまった、ということは珍しくないようです。

    また、自分の実家ではなく、彼の実家近くに住む場合も「仕方ない」と決断するようです。

    リアルエピソード

    遠距離恋愛だったので、旦那が住んでいる県に仕事を辞めて引っ越した。地元から県外に出たくなくて、県内出身の人と結婚しようと思ってたけど、好きになった人が県外だったので、その気持ちは妥協することにした。(20代後半女性)

    おわりに

    結婚後は独身時代と違う生活になることをわかってはいるものの、理想のイメージと比べてしまうのかもしれません。

    とはいえ、結婚当初は戸惑っていても、お互いに歩み寄って「妥協」した部分にも慣れていくことができるようですよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人