1. 趣味
    2. 都心から2時間のスノーリゾート!ファミリーで雪遊び満喫旅行

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    都心から2時間のスノーリゾート!ファミリーで雪遊び満喫旅行

    息子が以前から「かまくら」に入ってみたいと話しており、近辺でかまくら遊びができるところを探してみたのですが、たいていどこも千葉の自宅から5時間はかかる…と諦めかけたときに八ヶ岳を発見し、旅行してきました。

    旅行の概要

    2013年2月初旬、3連休で八ヶ岳へ旅行してきました。3歳の息子を連れての家族旅行です。子供に「かまくら」を体験させ、思いっきり雪あそびをさせることと、夫婦の結婚5周年記念日のお祝いをすることが目的でした。

    八ヶ岳到着

    東京から車でわずか2時間で別世界です。高速道路からでも正面に八ヶ岳、左手に南アルプスが雪をかぶってお出迎えしてくれます。

    まきば公園

    小淵沢ICで高速を下り、気持ちのいいドライブコース八ヶ岳高原ラインを通ってこの日の目的地へ。

    このまきば公園は、八ヶ岳の麓、富士山も綺麗に見える絶景スポットです。夏には牧場の動物達と遊ぶこともできますが、この日は広場で雪遊び。除雪した雪の山も大きめだったので、そこでソリ遊びしている家族もいましたよ。

    ランチはこんなに大きなビッグバーガー!他のメニューも丁寧な印象で美味しかったです。

    ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原

    宿泊

    今回は、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原のコテージに2泊。筆者達は露天風呂のついた花ホテルのタイプに泊まりました。

    かまくらカフェ

    そしてここの広場に念願の「かまくら」が!5つあるかまくらでは、中で軽食をいただける「かまくらカフェ」を営業中。でも1つはカフェ以外に開放していて、横にはソリで滑れる滑り台がありました。

    かまくらに入って写真を撮り、少し雪遊びをしました。翌日か翌々日にゆっくりカフェを利用しようと思っていましたが、今回は時間がなくなってしまい利用できなかったので、またリベンジしたいです。

    お食事

    今回は2食付で宿泊したのでフロントのある建物の2階の和食レストランで頂きました。とてもきれいなところで、スタッフの方々の対応も良く、子連れでも安心して食事を摂ることができました。

    そして事前に結婚5周年をお伝えしたからか、こんな素敵なサプライズプレートもいただきました!子供連れでも快適に、且つ素敵なサプライズまでして頂けるなんて、予想以上で大満足でした!

    サンメドウズ清里スキー場

    旅行の一番の目的は雪遊び!コテージから20~30分程でスキー場に到着してみると、ここからもゲレンデ正面に絶景の富士山!富士山を眺められるスキー場なんて初めてだったので感激でした。

    筆者達はソリゲレンデ上部の、雪がまだ手付かずの広場でゆっくり遊びました。でもあまり奥に行くと危ないです。中にはキッズパークもあり、遊具やソリゲレンデで思いっきり遊べます。

    私はスキーをしなかったのですが、子供との雪遊びと景色で十分楽しめましたよ。この日はスキー場で1日を過ごしコテージへ戻りました。

    旅行のよかったところ、イマイチだったところ

    よかったところ

    筆者達はのんびりタイプなので、行程もあまり詰め込まずに、一つ一つの場所でゆっくりと楽しみました。雪遊びだけでなく、景色も食事の演出も楽しめたので、満足度の高い旅行でした。

    そして、なにより近いです。最終日は昼前に出発し、途中でお昼休憩を挟んでも昼間のうちに自宅に着けました。

    イマイチだったところ

    3連休だったためか、2日目に朝食をゆっくり摂ってから出発したところ、スキー場に到着した11時頃には既に駐車場待ちの行列でした。結局1時間ほど車内で待つことになってしまいました。今回は子供が寝てくれたので助かりましたが、気をつけた方がよさそうです。

    旅行する方へのアドバイス

    スノーリゾートなので、道は凍っています。ご旅行の際には必ずスノータイヤの装備が必要です。そして無理せず安全運転をしてください。あとは一つ一つの観光スポットが少し離れているので、事前に行きたい場所を計画しておくことをおすすめします。

    おわりに

    このエリアにはまだまだたくさん楽しめそうな場所があり、季節に応じてプランをたてられそうなので、お気に入りエリアになりそうです。この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ