\ フォローしてね /

ココでしか買えない!猫好きにおすすめの大阪みやげ

大阪土産はパンチの利いたモノをいただくことが多々あります。

今回は、ひときわかわいい「ネコパンチ」がきいているお土産をご紹介します!

大阪府滞在歴

筆者はこれまで二度大阪を訪れています。二度目は、なんとこのお土産を求めて旅行を敢行したという、本末転倒な旅になりました。全く後悔はしていません。

おすすめのお土産

大阪に行ったらコレを手に入れることができるかもしれない…。

「コレ」とは何か。 招福猫という名の招き猫です。

なんと入手できる場所と日にちが決まっているのです。そして手に入れられるのはたった一箇所、大阪府住吉区にある「住吉大社」だけ!

今回はこの招福猫のおすすめポイント、そして手に入れるにはどうしたらいいかをご案内いたしましょう。

住吉大社にしか、いない

招福猫とは、住吉大社の「初辰まいり」で授与される、裃を着た招き猫の土人形のことです。

右手を挙げたものと左手を挙げたものがあり、左手挙手は「家内安全」、右手挙手は「商売繁盛」の御利益があるものとされています。奇数月は左手挙手の猫、偶数月は右手挙手の猫が授与されています。

辰の日しか、会えない

そもそも「初辰まいり」とは、毎月最初の辰の日に商売繁盛を祈願してお参りをする、月参りの行事のことです。しきたりにならい、四つのお社を順に参拝するものですが、招福猫はこのうちの「楠珺社」で授与されるものです。

「初辰まいり」は月はじめの辰の日のみの開催のため、この「招福猫」の授与もその日のみ、つまり月に一度の機会しかありません。ふつうのお守りや絵馬のように、常に社務所にある、というものではないのです。

揃うと、大きくなる

本来は月参りの行事であるこの「初辰まいり」、満願成就といって48体の招福猫を集めると、大きな招福猫と交換してもらうというオドロキの仕組みがあるのです!

授与日と場所

授与日に関しては、ホームページで「初辰まいり 辰の日一覧」をチェックしましょう。

授与場所は「楠珺社」、住吉大社本殿のさらに奥です。左右両方の猫が乗り合わせた「初辰宝船」という土鈴もあります。

詳しくは住吉大社のwebページ内の境内案内をご参照ください。HPはこちら

お土産探しが目的でも意義深い参拝を

実際のお参りに参加すると、長く通っておられる方から久しぶりにお礼参りに訪れた方、月々かかさずといった趣の方まで、とにかく混雑しています。

お土産探しとして参加するのは少し場違いかも…という気兼ねも覚えますが、人の流れを邪魔せず、福をいただいたからにはまた来よう、という気持ちで参加してみると、招福猫目当てだけでなく、意義深い参拝ができると思います。

おわりに

招福猫は手のひらにちんまり乗るサイズ(およそ5センチほど)で猫好きな方にならとても喜ばれそうな、愛らしくご加護をお持ちなような風貌です。

もし機会があれば、訪ねてみてはいかがでしょうか。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。