\ フォローしてね /

意外な原因が!お風呂の排水口がつまった時の対処方法

はじめに

抜け毛や石鹸のカスなど、何かとつまりやすいお風呂の排水口。これは、マンションに1人暮らしの筆者が、実際に体験したお風呂の排水口がつまった時の対処法です。

ある日突然あふれ出した!

問題が起こった排水口は、湯船と身体を洗う場所の排水口が1つになったタイプです。ある日突然、水が流れなくなり、洗い場がプールのようになってしまいました。

まずは掃除

まず考えたのが、排水口のつまりです。こまめに掃除していても、すぐにたまってしまうのが抜け毛です。いつもより念入りに、歯ブラシや細いスポンジを使って、徹底的に掃除しました。

一時期は、シールタイプの排水口のゴミネットを使用していたのですが、湯船の水を流すとはがれてしまい、そのシールがつまってしまったことがありました。以来、ゴミネットは使わず、こまめに掃除することにしています。

それでも改善しなかったら

排水口のゴミを取り除いたことで少しは流れるようになったのですが、それでも水は溜まったままでした。そこで、排水管に汚れがたまってしまったのだと考え、洗浄液として、納豆菌を注入しました。

塩素系漂白剤を使用するのも1つの方法だと思いますが、著者は塩素の匂いが苦手なのと、出来る限り環境に良いものを使いたかったので、納豆菌を選択しました。

納豆菌は、汚れの原因となるカビを分解し、綺麗にしてくれる菌です。大阪の淀川を浄化するのに使われています。

液体タイプと粉末タイプがあります。

原因は意外なところに

配水管を綺麗にしても改善せず、いよいよ水道屋さんを呼ばなければいけないかと考え、マンションの管理会社に問い合わせました。すると、まずは近隣住民の方にも同様の症状が無いか確認し、折り返し連絡するとの答えでした。

しばらくすると、突然排水口に向かって水が流れていき、驚いていると管理会社から連絡があり、

「近隣の方にも同様の症状があり、配水管の出口に位置する部屋の住人に問い合わせたところ、排水口にゴミが溜まっていたそうです。掃除して下さったようですが、症状は改善しましたか?」とのことでした。

無事、症状が改善し、一安心したと同時に、マンション・アパートという共同住宅に住む以上、自分自身も気をつけて掃除しておかなくてはいけないなと改めて認識した体験でした。

おわりに

筆者の体験のように、排水口のつまりは自分1人の原因ではない可能性があります。特に共同住宅にお住まいの方は、一度管理会社や大家さんに問い合わせてみるのも良い方法だと思います。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。