\ フォローしてね /

直売所めぐりが楽しい!和歌山市・紀の川エリアのおすすめスポット

先日、急に思い立って和歌山県旅行をしてきました。記憶の新しいうちに、その時に訪れて良かったと思える場所をご紹介したいと思います!

筆者の旅行の概要

2013年2月に、1泊2日の日程で和歌山県を電車とバスで一人旅をしました。和歌山市、岩出市、紀の川市などを電車で巡りました。お寺などの観光スポットや、現地の美味しいものを食べることなどを楽しみました。

和歌山市・紀の川エリアのおすすめ~観光スポット編~

粉河寺(こかわでら)

紀の川市にある天台宗のお寺で、西国三十三ヶ所巡りの第3番札所ともなっています。第1番の青岸渡寺、第2番の紀三井寺とともに、紀州三大霊場の名刹として関西では有名なお寺です。

県指定文化財の本堂や大門、桃山時代の作の庭園など見どころが多い中で、筆者が気に入ったのが上記写真の可愛い身代わり地蔵さんたち。

自分の祓いたい厄を一つ地蔵さんの後ろ側に書いてここに置いておくと、地蔵さんが代わりにその厄を引き受けてくれるらしいです。見た目の可愛さとは裏腹に、そんな大変な役目を負っているとは驚きです!

粉河寺のホームページ 拝観無料です。

和歌山市・紀の川エリアのおすすめ~買い物編~

めっけもん広場

紀の川市にあるファーマーズ・マーケットです。入口には、「農作物の本当の素晴らしさを知って頂くための店」という期待感の上がる看板が出ていました。

中は広々としていて、地元や近郊から車で買い出しに来たお客さんでいっぱいです!どの農産物も、一般の市価より安めで新鮮そのものです!近郊からの旅行であれば、ぜひ買って帰る価値があると思います。

それ以外にも、和歌山の特産である梅干しやみかんジャムなどの加工品も多数売られており、お土産選びにぴったりです。

和歌山市・紀の川エリアのおすすめ~グルメ編~

JR和歌山駅ホームの『阪南第一食堂』

見た目は何の変哲もない普通の立ち食いうどん屋さんですが、関西の駅うどん界ではかなり有名なお店です。魅力は何といっても、そのコストパフォーマンスの素晴らしさです!

上記のかやくうどんは、このお店では一番安価の“かけうどん”扱いになるのですが、それでもわかめやねぎ以外に、お揚げさんや椎茸の甘煮などの具も入って260円です!

小さいおにぎりがいっぱい入ったセットは、ワンパック80円という激安ぶりでした。味も「感動!」とまではいきませんが、素朴で美味しく、この価格で頑張ってくれているということが本当に嬉しかったです。

『阪南第一食堂』は、JR和歌山駅の2・3番ホームの売店隣にあります。

このエリアの良かったところ

直売所めぐりが楽しい!

筆者は、上記で挙げためっけもん広場以外に、『根来さくらの里』など別の直売所にも2軒立ち寄りました。一番広くて品数が多かったのがめっけもん広場だったので、ここが一番のおススメです。少し雰囲気や商品に違いがあって面白かったですよ。

このエリアの注意点

電車の本数が少ない

JR和歌山線の本数は、1時間に2本程度と少ないです。電車で移動する際はその度にかなり待たされてしまいました。そののんびり具合が、ローカル線の良さといえば良さなのかもしれません。

このエリアを旅行する人に向けてアドバイス

電車で旅行される場合は、和歌山線の時刻表を携帯したり、モバイル機器でチェックしながら移動することをおススメします。「次の出発まで余裕があるから、もう1つ観光スポットを見よう」といった具合に、臨機応変に動かれると旅が楽しくなると思いますよ。

おわりに

途中で通った畑の中に梅林があり、ちょうど見頃だったのでうっとりと鑑賞していました。のどかな風景に癒される素敵な場所なので、ぜひ一度足を運んでみて下さいね!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。