\ フォローしてね /

中はジューシー外はサクサク!失敗しない鶏の唐揚げの揚げ方

失敗しない鶏の唐揚げの上手な揚げ方を紹介したいと思います。中はジューシー、外はカリカリの家族に大好評のメニューです。初心者でも簡単に美味しい唐揚げが作れます。是非チャレンジしてみて下さい。

材料(4人分)

  • 鶏もも肉:450g
  • 市販の唐揚げ粉:1袋

作り方(調理時間:30分)

STEP1:鶏肉を切る

鶏もも肉を一口大に切ります。あまり大きすぎると中まで火を通すのに時間がかかるため注意して下さい。

鶏の皮も捨てずに切り、もも肉に付けておきましょう。

STEP2:から揚げ粉を絡める

時間短縮できる上に、味付けも不要なので我が家では市販の唐揚げ粉が大活躍です。記載の分量の水を粉と混ぜ合わせますだまが残らないようしっかり混ぜることがコツです。

混ぜ合わせた唐揚げ粉の中に、先ほど一口大に切ったもも肉を入れ絡めます。まんべんなくしっかり絡めると美味しく仕上がります。

水溶き不要の粉も売っていますが、カリカリ感を出すには水溶きして絡めるものがおすすめです。

STEP3:150度の油で揚げる

たっぷりの油を150度に温めます。その中に唐揚げ粉をまぶしたもも肉を入れていきます。

揚げる鍋の大きさにも寄りますが、もも肉は5〜6個ずつ揚げることをおすすめします。一度にたくさん揚げようとすると油の温度が急激に下がってしまいます。

150度の油とは、衣を油の中に落とすと底まで沈んで浮くのに時間がかかる状態です。

STEP4:一度、取り出す

40秒〜1分位揚げ、キツネ色になる寸前でもも肉を一度取り出します。低温でじっくり火を通し一度取り出すことで、余熱により中まで火が通ります。

STEP5:180度の油でもう一度揚げる

3分間待ったらもう一度揚げます。今度は油の温度を180度に温めます。美味しそうな色(こんがりとした色)になったら取り出します。時間にすると1分弱になります。このように2度上げすることで中はジューシー、外はカリカリの絶品唐揚げが出来上がります。

180度の目安は、衣を油の中に落とすと下まで沈まず途中で上がってくる状態です。

上手に作るためのポイント

低温でじっくり火を通してから高温でカラッと揚げることが重要です。

低温でだらだら揚げていてはべたっとした仕上がりに、高温で始めから揚げてしまうと、中まで火が通らず衣が堅くなってしまいます。

おわりに

食べる誰もが美味しいと喜んでくれる唐揚げを作りたくて、色々な方法を試した所この揚げ方が一番良かったです。主人にも子供達にも喜んでもらっています。

我が家は夕飯が唐揚げだとみんな大喜び。2度揚げさえ覚えてしまえば、初心者の方でも美味しい唐揚げができます。柔らかジューシーな唐揚げを気軽に作ってみて下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。