\ フォローしてね /

一人暮らしで1か月の食費を5000円以内に抑える方法

この方法は社会人の一人暮らしに特化している為、条件に合わない方も出てくるかもしれません。

ですが実際に自分が実践していることなので、社会人で一人暮らしをしている方で食費が高くつく…という方は是非試してみてください。

買い物の頻度と予算

筆者は買い物をするのは仕事が休みの日だけ、と決めています。週に1度しか買い物にいきません。更に予め予算を決め1回の買い物を1,200円~1,300円以内に収めます。

無料の携帯アプリなどを使って、買いたい食材と大よその価格を入力しておくと無駄遣いせずに済み、更には家計簿代わりになるのでスマホを持ってる人にはおススメです。

食材の買い方

乾物は一人暮らしの味方

小麦粉や乾物などは1度買うと長く使えボリュームもあります。業務スーパーなどが近くにあるならば安く手に入ることが多いです。

量より種類

野菜などは1パックに複数個入っているものと、ばら売りのものがありますが、ばら売りの物を種類豊富に買う方が1週間の食事にバリエーションがある上、余らずにすみます。玉ねぎ3個入り150円のものより、玉ねぎ1個・人参1本・しめじ1袋で合わせて160円使う方が結果的に良かったりします。

野菜類は大型スーパーよりも商店街や個人経営の八百屋さんの方が、大きくて安いことが多いです。

生ものは小分けで冷凍

肉や魚は買ってきたら1食分に分けて冷凍します。1週間以内には使いきっちゃうので冷凍焼けの心配もありません。ちなみに魚はもちろん調理済みよりも丸ごと買ってきて自分で捌いた方がお得です。

「魚のさばき方が分からない」という人は「魚のさばき方」とネットで検索すればすぐに出てくるので今日からでも自分で捌きましょう。

生ものはスーパーの特売タイムを利用して買うのが、安くて新鮮です。

ソースやドレッシングは買わない

ホワイトソースやサラダのドレッシング、マヨネーズなど、ソースコーナーに行けば売っている商品は大抵自分で作れます。味も量も自分好みに出来る上安いので、頑張って自分で作りましょう。ネットにはいくらでも作り方が載っています。

尚、筆者は油も買いません。加工してあるフライパンを使ったり、肉の油を利用したり、オーブントースターで”揚げない揚げ物”を作ったり…これだけでお金もカロリーも節約できます。

おわりに

以上が筆者が実践している節約術です。基本的に自炊が出来るのが必須条件ですが、今は便利な時代になったのでわざわざレシピ本を買わなくてもいくらでも節約料理のレシピがインターネット上にごろごろ転がってますので、そんなに難しくないと思います。

筆者は1日3食きっちり食べていますが、1食あたり約60~70円です。

食費を節約する=ひもじいというイメージがあるかもしれませんが、工夫すれば栄養満点かつ安上がりに出来ますので、是非食費の節約を取り組んでみてください。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/02/24-358112.php)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。